Entame Plex-エンタメプレックス-

上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は26日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【小松未可子×上坂すみれ】 #11』を配信した。
本配信では、一定のリズムで6文字の言葉を発してゆく「忘れた頃の!新こま~つみかこゲームα@新セット2020年夏」や、これからの番組で2人が“やりたいこと”を話し合う「秋からどうする?“破壊の水曜日”を破壊しよう!」、世間の“順位”に対して2人が思うランキングを提示する「順位を破壊!再生ランキング」などのコーナーを行った。

本配信では、「順位を破壊!再生ランキング」のコーナーを実施。“破壊の水曜日”にちなんで、インターネット上で発表されているランキングを破壊し、小松と上坂ならではのオリジナルランキングを展示するという趣旨のコーナー。

今回のテーマは「夏デートで恋人にどのようなことをされるとがっかりするかランキング」(男性回答)。第3位「自分以外の異性に目がいく」、第2位「ムダ毛の処理を忘れてくる」、第1位「暑さや混雑でイライラする」といった回答結果を、「へぇ~」「なるほどね~」と興味深く眺めた2人は、それぞれの目線からランキングトップ3を作ってゆきます。

まず回答者となった小松は「夏のデート?花火とか……」「もう想像するしかないなぁ」とイメージ力をフル回転させて回答を作成。第3位「待ち合わせで“お待たせ!”って言われて振り返ると、ほっぺたにキュウリをくっつけられる」という謎シチュエーションから、第2位「スイカ割りでスイカを忘れる」、第1位「花火が上がった瞬間にだーれだって目を隠される」など、ボケ気味でガッカリ行動を挙げていく。

対する上坂は「これはガッカリですよ~」と第3位に「死んだ仲間のドックタグを持ってきちゃう」を挙げ、思わず小松は「なんでそうなるの?夏デートだよ!?」とツッコミ。上坂は「もう彼にとっては、夏も冬も関係もなく復讐に生きているんですよ」と明らかに一般人ではない恋人を想定した“ガッカリ行動”を挙げた。

さらに第2位では「沼地からとび出してくる」を挙げ、「沼地は安全だけど、飛び出してくると、せっかくの夏ワンピが汚れちゃう……」と独創的なデート風景を解説。さらに第1位「ふりおとされるなよ!って言ってバイクをとばしていっちゃう」を挙げた上坂は「デートの途中に、うっかり敵の基地に入っちゃって、敵に追われるんですけど、デートってことは最後まで忘れないでほしい」とボケ倒す。

小松は「デートじゃなくて、デッド・オア・アライブだよ!」「すみぺがどんな人生を送っていくのか、不安でたまらんよ!」と律儀にツッコミを入れ続け、視聴者からも「戦場かな?」「デートの常識が破壊されとる」「彼氏ランボーかよ!」とツッコミを入れるコメントが多数寄せられた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
小松未可子、“あの姫”風の上坂すみれに「唄えよ!」
http://www.entameplex.com/archives/56923

下野紘の貴重すぎる姿に内田真礼「今日はいい日だな~」
http://www.entameplex.com/archives/56880

安元洋貴の“罪深い夜食”に仲村宗悟が感動!
http://www.entameplex.com/archives/56866