Entame Plex-エンタメプレックス-

渡辺直美、まさかの“本気キス”に驚愕「嘘でしょ!?」


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は26日、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描く、オリジナル恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』の初回放送1時間SPを配信した。

本番組は、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける、オリジナル番組。

番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。新シーズンでは、“ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で、シリーズ初の試みである“全話ベッドシーン”という本格的な恋愛ドラマに挑む。スタジオMCには、これまでも本番組のMCを務めてきたお笑い芸人の渡辺直美、Perfumeのあ~ちゃん、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼、タレントの谷まりあが出演し、若手俳優たちが“演技”と“恋”の間で激しく揺れ動く“リアル”な裏側を視聴者とともに見守る。

そして、新シーズンには才川コージ(以下、コージ/25歳)、北條慶(以下、けい/22歳)、森田桐矢(以下、トウヤ/23歳)、若林拓也(以下、たくや/23歳)、糸原美波(以下、みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下、まなみ/23歳)、坂口風詩(以下、ふうた/20歳)、新田さちか(以下、さちか/21歳)ら、注目の若手俳優8名が参加。

史上最難関となる“全話ベッドシーン”を演じる中で生まれる葛藤、嫉妬、駆け引きなども大きな見どころ。さらに今回は、若手俳優たちが共同生活を行い、主役のペアを決定するオーディションの前日に、選ばれた1組のみが「同棲ハウス」にて一晩を共にする新ルールが追加。2人だけの“秘密の稽古”や密接なコミュニケーションを通し、恋と演技の一線を越える瞬間や、複雑に絡み合う人間模様にも注目が集まる。

第1話では、共同生活の舞台となる別荘にて、メンバー8人が初対面し、早速、今シーズンの第1作目となる恋愛ドラマのオーディションと、選ばれた男女1組が主役を演じる恋愛ドラマの撮影に挑んだ。劇中で撮影する恋愛ドラマは、全て“ベッドルーム”で展開されるオムニバスドラマとなる今回。

MCの渡辺は、「どんどん盛り上がっていくしかないから、5話目とかやばいことになってんじゃない?」と早くも期待感と興奮を露わに。さらに、「同棲ハウス」と称し、“オーディション前夜、役作りのために1組のペアが2人きりでひとつのベッドで一夜を共にする”という新ルールが明かされるとMC陣は驚愕。あ~ちゃんは「それは事務所OK出てるんですか?」と困惑気味のリアクションを見せた。

恋愛ドラマの主役を目指し、男女1組のペアになって挑むオーディションでは、くじ引きで指名順が決まった女性メンバーからの指名制となり、まなみとけい、みなみとコージ、ふうたとトウヤ、さちかとたくやのペアに決定。その後、各ペアに分かれて稽古にあたる8人に、新ルール「同棲ハウス」について、演技指導の澤田育子先生より説明があり、今回の「同棲ハウス」には、まなみとけいが行くことに。別の場所に用意された「同棲ハウス」に移動し、1つだけ用意されたベッドを見つけると、「ここで寝るの?」「マジ…?」と、落ち着かない様子のまなみとけい。

しかし、その後、2人だけの空間でじっくり話をしたり、ベッドの上で稽古をしたりと、徐々に打ち解けていった2人は、1つのベッドで一夜を過ごした。翌日、オーディション本番では、それぞれのペアが順番に演技を披露していく中、まなみとけいは、“キスするふり”をすればいいオーディションで、“本当のキス”を交わす。

誰も予想していなかったこの事態に、他メンバーはもちろん、スタジオMC陣も唖然。渡辺が「嘘でしょ!?思いっきり(キス)してるんだけど!」と絶叫する一方、あ~ちゃんは「やっぱり(同棲ハウスに)泊ったし、かまさなきゃダメだっていうプロ意識じゃないかな」と、2人の真意を推測した。

初回から体当たりでオーディションに挑んだまなみとけいだったが、今回の主役はみなみ&コージのペアに決定。福徳は「あのガッツはすごかった」と、渡辺も「主役に選ばれなくても、(キスで)かました事実は素晴らしいと思う。役者として向き合ったということ」と評価した。

そして、番組終盤では“出張先のホテルを舞台に同じ部屋に寝ることになった上司と部下の恋”を描いた、恋愛ドラマの撮影がスタート。

思いが通じ合った上司と部下が、ベッドの上で交わす熱いキスに、スタジオメンバーは大興奮。撮影を終えたコージは「僕の中でみなみちゃん存在が大きくなりました」と、心境を明かす一方で、みなみは「すごいキュンキュンするなと思ったんですけど、私のこと好きじゃなさそうだなっていうのが、キスで伝わってきた」と感想を話した。

第1話を見届け、渡辺が「1発目のドラマにしては…かなり強かったんじゃない?」とコメントすると、小森は「僕めちゃくちゃ好きでしたよ!(ああいう感じ)大好き!たまんない!」と、ドラマ内でみなみが演じた“ちょっぴり天然な部下”との激甘な展開に悶絶し、スタジオの笑いを誘っていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
渡辺直美“濃厚キス”4連発に動揺「激しすぎない!?」
http://www.entameplex.com/archives/55320

渡辺直美、ベッドシーンに疑問「自分のクセでません?」
http://www.entameplex.com/archives/55177

渡辺直美、『ドラ恋』初の“ベッドシーン”決定に歓喜
http://www.entameplex.com/archives/55072