Entame Plex-エンタメプレックス-

下野紘&内田真礼、具材ドラフトでオリジナル恵方巻作り


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は2日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#29』を配信した。
本配信では、節分にちなんだ「キックプレゼンツ鬼占い!」や、オリジナル恵方巻を作る「具材争奪!恵方巻ドラフト!」、火曜恒例の「ダミヘヒーリング」などのコーナーを行った。

節分当日である本配信は、下野と内田による豆まきからスタート。最初はスタッフが扮した鬼に豆を投げていた2人の前に、全身を真っ赤に染めた赤鬼が登場。その正体は“火曜日ファミリー”の一員である、サイキック芸人のキック。下野と内田は、ノリノリで鬼役を演じるキックに全力で豆を投げ、火曜日らしい節分を楽しんだ。

配信内では、「具材争奪!恵方巻ドラフト!」を実施。下野、内田、キックがドラフト形式で具材を争奪し、実際に作っていく……という趣旨のコーナー。まず提示された具材は「イクラ」「うに」「卵」と悩ましい選択肢。欲しいものを素直に選ぶか、被りを避けて堅実に美味しい組み合わせを作るか、相手の思考の予測も重要な要素となる。その結果、「絶対に被らない!」と自信を見せたキックと下野が「卵」で重なってしまい、素直に大好きな「いくら」を選んだ内田が見事に目当ての具材を獲得。その後も、エビの種類やマグロの部位など、悩ましい選択肢が続くなか、「鰻」「穴子」「駄菓子のかば焼き」という落差の激しい候補が登場。「鰻」か「穴子」で重なるか……と思いきや、下野は「駄菓子のかば焼き」を指定するという、意外な決断。驚く内田とキックに、下野は「べつに……いいかなって」「俺はこれが美味しいと思って選んだんだよ!」と余裕の笑みを見せた。

下野と内田は、ドラフトで選んだ恵方巻を実際に手作りして食べることに。キックが渾身のギャグで笑わせにかかるも、無言で恵方巻を食べきった下野。「意外と、かば焼き(他の具材と)合ったよ」「ちょっとした甘みがアクセントになっている。美味しかった」と、予想以上の味だったことを報告していた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488