Entame Plex-エンタメプレックス-

谷山紀章&森久保祥太郎の豪華なセッションに喜びの声!


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は25日、アニメLIVEチャンネルにて新音楽番組『ザ・セッション from 声優と夜あそび』の第1回を放送した。

本放送では、ロックバンド・GRANRODEOのヴォーカルとしても活動している声優の谷山紀章をゲストに迎え、音楽についてのフリートークを行ったほか、森久保と谷山による音楽セッションを披露した。

森久保のアーティストデビュー20周年を記念しスタートした『ザ・セッション from 声優と夜あそび』。オープニングでは、初回ということでテンション高めな森久保がバックバンドのウルトラ寿司ふぁいやーが奏でる音楽に合わせ、「レディース&ジェントルメン~!」と叫びながら派手に登場。ゲストの谷山も手拍子を叩き、賑やかな雰囲気で番組がスタート。すると、アゲアゲな森久保がいきなりの“重大発表”として、「10月に20周年記念ライブを開催いたします~!」と声高らかに報告。突然の嬉しいサプライズ発表に、視聴者も「おめでとう!」「ライブ開催ありがとう!」と盛り上がる。

番組内では、ゲストの谷山とともに、森久保がアーティストデビューしてからの20年を振り返りながら、“音楽”についてフリートークを行った。「この20年を語る上で谷山紀章という存在は絶対外せない」と話す森久保は、「最初のレーベルをやめて、インディーズで活動してたときに、GRANRODEOのサウンドを聴いて“今こういう音楽できるんだ!”って思ったんだよね」「谷山紀章がやったんだから、“俺も黙ってらんない”って思って同じレーベルのランティスさんにお願いしに行ったの」と、声優の音楽活動が定着しておらず順風満帆にいかなかった当時、好機を与えてくれたきっかけが、谷山だったことを語る。

そんな森久保の言葉に、「それは光栄だな。僕ら世代にとっては森久保祥太郎ってヒーローだから」と照れ臭そうに喜びを伝えた谷山。「声優という顔がありながらアーティスト活動するって、僕も夢だったから、森久保祥太郎に先越されたっていうか……でもやるなら祥ちゃんだなって思ってたんだよね」「俺もバンドやりたい~って羨ましく思ってたよ」と谷山も、森久保に刺激を受けていたことを明かし、お互いに切磋琢磨しながら、それぞれの音楽を築いていったことを語った。

続いて、ウルトラ寿司ふぁいやーが、森久保と谷山に“ウルトラ”聞きたいことを質問した『ウルトラ聞きたいですし』というコーナーを実施。「ライブでのヒヤッとしたやらかしは?」と聞かれた森久保は、「“ごっくん馬路村”事件」と切り出し、ライブで突然声が出なくなった時のエピソードを披露。「高知の“ごっくん馬路村”っていうゆずはちみつドリンクを差し入れでもらっていて、それを飲んだら声が出るようになったの!」と、たまたまあった“ごっくん馬路村”のおかげで難を逃れたことを明かす。一方、谷山は、ライブ中にお腹を下し、失禁しそうになったときのエピソードを披露。

「曲が始まったときにお腹がギューってなって、何度かお腹と対話したんだけど、胃が長くはねぇって言ってて」と、耐えられないことを悟り、泣く泣くステージを降りたという谷山。タイミングの悪さに1人泣いたことを明かす。さらに、「でもすごく揺れたの。ブーツインだったから最悪凌げるんじゃないかって」と、衝撃的なエピソードを暴露する谷山には森久保も爆笑。また、谷山がステージに不在の間、客席からファンの大合唱が聞こえてきたことを話し、その歌声に感動し、涙したことを明かした。

その後も、曲作りについてや、声優とアーティストの棲み分けについてなど、音楽論をたっぷりと語った2人は、番組の最後に、森久保作曲のロックミュージック『I’m Nobody』のセッションを披露。声優のアーティストとしての道を切り開いてきた2人の豪華なコラボレーションに、視聴者からは、「痺れる!」「ハモリ最高~!」「幸せです」などと多くの喜びのコメントが寄せられた。

また、次回7月30日(金)の放送に畠中祐がゲスト出演することが発表された。次回はどんな“セッション”が生まれるのか。“アーティスト”森久保祥太郎と畠中佑による、熱い音楽トークをぜひお楽しみに。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488