Entame Plex-エンタメプレックス-

才賀紀左衛門、相手を知るために付き合う前にすること


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は8日、ABEMASPECIALチャンネルにて、結婚歴のある男女19名が、新たな出会いを経てセカンドチャンスを掴み取る新たな恋愛番組「ABEMA」オリジナルシリーズ『セカンドチャンスウェディング』#4を独占無料放送した。

本番組は、もう一度、結婚したい、幸せになりたいと願う結婚歴のある男女が新たな出会いを経て、運命の相手ともう1度結婚に向き合う圧倒的リアルな婚活番組。番組内では、結婚歴のある男女がお金、優しさ、愛情、ビジュアルといった自分の理想条件に合った相手と出会うために“船上マッチング”に挑戦。その後、見事マッチングした6組のカップルたちは、集団同棲と2人だけの同棲生活を送り、お互いの人間性や価値観などをより深く学ぶ。さらに、同棲生活後に行うマッチングで成立したカップルは、“婚前旅行”に出発し、旅を通してお互いの相性をさらに見極めていき、旅行最終日にプロポーズをして夫婦となるのか、それとも別れを選択するのかを決断する。

#4のスタジオゲストには、キックボクサーの才賀紀左衛門が登場。シングルファザーとして子育てに奮闘している才賀は、「今日朝から運動行ってきて。めちゃめちゃ足が速かったです」と笑顔で語り、2人だけの同棲生活に進むための決断のシーンで、思わず涙してしまう男性陣を見た感想として「やっぱり男のほうが弱いですよね、女は怖いなって(笑)」とコメント。MCの益若つばさが「男性ってあんなに泣くんですね、知らなかった」と語ると、同じくMCのケンドーコバヤシは「そうですね、振られたり別れたりしたあとは、必死で家帰って1人で泣きますよね」と回答。才賀も「まぁまぁそうですよね」とケンドーコバヤシの意見に賛同した。

同棲生活に進んだ1組のカップルが自分の友達を紹介するシーンについて、才賀は「友達紹介はめっちゃいいと思いましたよ。その人自身や、その人の周りも見えると思うし。ぼくはその子の周りとかも見たいので、付き合う前から『みんなでご飯食べようや』って言いますね」とコメント。そんな才賀に対し、益若が「付き合おうとか、やっぱり別れようとか、それが決め手になったりしますか?」と尋ねると、才賀は「やっぱりやめとこうの方が多いですけど(笑)」と笑顔で答え、スタジオの笑いを誘った。

また、同棲生活1日目にして、結婚後の家計の管理方法や、料理への価値観の不一致で不穏な空気が流れているカップルについて、益若は「まずいですね、これは。女性に『強そう』とか、『1人で生きていけそう』とか絶対言っちゃダメです。生きていけるわけないから再婚したいんじゃんって。どんな時でも言っちゃダメ。その一言で別れようと思う」とコメント。これについて、ケンドーコバヤシが「マジで?絶対ダメ?『貴様は弱い』もダメ?」と冗談交じりで答えると、益若は「そっちの方がまだ100倍いいです(笑)それくらい女性に強い人なんていないんですよ」と男性陣にアドバイスした。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

SKE48 須田亜香里がエロくなる瞬間「ピンマイクを…」
http://www.entameplex.com/archives/51091

筧美和子「リアクションが薄い」Hの時に怒られた過去!
http://www.entameplex.com/archives/56161