Entame Plex-エンタメプレックス-

見取り図、16歳現役JKを絶賛「売れるなら今しかない!」


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は29日、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・見取り図が出演するレギュラー番組『見取り図エール』を放送した。

『見取り図エール』は、人気お笑いコンビ・見取り図のレギュラー番組。“若者の兄貴分”とも言える見取り図の二人が、若者たちの「青春」に寄り添い、「青春」を励まし、「青春」にエールを送る青春応援バラエティ番組。

第3話では、パソコンやスマートフォンを使って楽曲を制作するDTM(通称:デスクトップミュージック)男子と、女子シンガーをマッチングさせる企画「第2のYOASOBIを探せ!DTMマッチング大作戦」を実施。見取り図の2人が、第2のYOASOBIを発掘するべく、敏腕音楽プロデューサー&トラックメーカーの解説のもと、才能溢れる若者たちのマッチングの現場に立ち会った。

冒頭では、5人のDTM男子と4人の女子シンガーがマッチングのため登場。そして、初めは互いに後ろ向きとなり顔を合わせない状態でマッチングが始まると、緊張する女性陣に対し、盛山晋太郎は「DTMマッチングって初めてよね?俺らも初めて(笑)何が正解かも分からずに始めてる(笑)」と優しく語り掛け、参加者たちの緊張をほぐしていきます。そんななか、ついに顔を合わせた参加者たちが、自身の経歴を語りながら、それぞれ自分自身を売り込むべく最大限のパフォーマンスを行っていくと、完成度の高い楽曲を披露したDTM男子に対し、今回のマッチングを見届ける解説者として登場したゲスの極み乙女。やtofubeatsのリミックスを手掛けるPARKGOLFと、chelmicoなどに楽曲提供を行う音楽プロデューサー・ryo takahashiは思わず脱帽。

そして、1人目のYackleが、Novel Coreとソギョンへ提供した楽曲を披露すると、途中でテンポが速くなるYackleの個性的な楽曲について、ryoは「めちゃめちゃカッコよかった!」と大興奮。また、その後もDTM男子たちがそれぞれ渾身の楽曲を披露していく度に、思わず聞き入る解説者の二人が口を揃えて感嘆の声を上げると、盛山は「お二人も唸るほどの実力か…」と感心。また、大学生でありながら音楽活動を行い、自身が制作した楽曲をネット上で販売することで、現在はバイトをしなくても良いほどの稼ぎがあると告白したRONIが、実は若者から人気のあるアーティストにも楽曲を販売した事があると語ると、見取り図の二人は「ただのアーティストやん!」「この5人普通にすごいメンバー」「マジでプロ…」と感嘆の表情を見せた。

なお、番組の中盤では、歌い手となる女子シンガーたちによるアピールタイムを実施。大注目を浴びる中、自身をアピールする楽曲を生パフォーマンスしていく。そんななか、見取り図の二人は、ギターを持参していた16歳の現役高校生・西原華音に注目。高校に通いながら楽器や作曲ができると初々しくアピールする西原に、「朝ドラとか出れそうやな」と興味津々に。そして、そんな西原が、ギター1本で宇多田ヒカルの『花束を君に』を弾き語りすると、見た目とは裏腹に力強くのびやかな歌声を披露した西原に「スゴっ!」「見た目からは想像できない歌声でした!」と大絶賛。また、今後の活動について、西原が「自分で楽曲を作る事もできるんですけど、作ってもらった曲を歌ってみるのも楽しいのかなと思って…」と語ると、盛山は「しかも16歳。制服でアコギを持ってあの歌声ですから…。もう売れるなら今しかない!マジで!ホンマに!」と力説。

また、「キャラが立ってる華音ちゃんを正式に『見取り図エール』で囲おう!」と提案すると、これを聞き、同調したリリーも「ホンマやな!絶対売れるよ。何かホンマにこの番組から売れそうな気がするわ!」と期待で目を輝かせ、現場の笑いを誘っていた。この模様は「ABEMA」にて放送後7日間無料で見逃し配信が可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
見取り図 TKO木下隆行の珍行動に苦笑「どういう状況?」
http://www.entameplex.com/archives/64889

見取り図・盛山「路上キスの正しい姿勢みたいな感じ」
http://www.entameplex.com/archives/64720

藤本美貴とTKO木下が一触即発!? 「浮気者ですって…」
http://www.entameplex.com/archives/66845