Entame Plex-エンタメプレックス-

L’Arc-en-Ciel、結成30周年を締め括る東京ドーム2Days


2022年5月21日(土)、22(日)、日本が世界に誇るロックバンド、L’Arc-en-Cielが結成30周年を祝した一連のライヴ活動のフィナーレを飾る東京ドーム2Daysを開催する。

振り返れば、アニバーサリーイヤーは波乱含みで始まった。2020年1月には約8年ぶりとなる待望のツアー“ARENA TOUR MMXX”が開幕。ロックとエンターテインメントが高水準で融合した充実のステージパフォーマンスを繰り広げていたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで惜しくも中断。中止となった幻の公演に多くのファンが涙を呑んだ。

L’Arc-en-Cielはライヴ再開の道を模索し続け、2021年5月、再び動き始める。30年前に1stライヴを行った当日とその前夜という日程で、バースデーライヴとなる “L’APPY BIRTHDAY!”(千葉 幕張メッセ国際展示場1-3ホール)を実施。その後、9月からは聖地 大阪からアリーナツアー“30th L’Anniversary TOUR”をスタートし、感染拡大の状況を注視しつつ、ファンとバンド、スタッフすべての安全を保ちながら8カ所19公演を完走。東京ドーム2Days開催という特大の吉報は、同年12月26日(日)、国立 代々木競技場 第一体育館で迎えたツアーファイナルの終演直後に会場内で発表。ステージセット上のLEDスクリーンに告知がサプライズで映し出されると、ライヴの余韻に浸っていた観客は歓喜、色めき立った。

ラルク アン シエルが東京ドームのステージに立つのは、2018年12月に行ったコンセプトライヴ“L’ArChristmas”以来約3年半ぶり。世界中が立ち止まることを余儀なくされたコロナ禍でも、少しずつ歩みを進め、成功例を積み重ねてきたL’Arc-en-Ciel。ツアー完走で更に大きな翼を得たはずのモンスターバンドが次に見せる新たな姿に、ご期待あれ。

<関連サイト>
HYDE ソロ活動20周年の幕開け! 東京公演を完全独占配信
http://www.entameplex.com/archives/60441

HYDE「はっちゃけるアルバムに」プライベートも語る!?
http://www.entameplex.com/archives/48707

YOSHIKI×HYDE、ビッグサプライズ連発の神回に!
http://www.entameplex.com/archives/45552