Entame Plex-エンタメプレックス-

かまいたち山内イライラ「俺だってトレンドに入りたい」


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は7日、ABEMA SPECIALチャンネルにおいて、お笑いコンビ・かまいたちがMCを務めるレギュラー番組『ぜにいたち』を放送した。

この日の放送では、山内健司が長年温めてきた企画「わらしべ長者選手権」を実施。番組出演者だけがゲットできる非売品の飲料水「ABEMAウォーター」を元手に物々交換を行い、最終的に手元に残ったアイテムの買取価格の高さを競う。

本放送回では、かまいたちと親交の深いお笑いコンビ・なすなかにしと天竺鼠が登場し、かまいたちを含めた総勢3組が物々交換に奔走した。くじ引きで物々交換を行う最初の場所を決めると、かまいたちは芸能プロダクション・ホリプロの本社を引き当てた。

山内は「クレイジーなフリしてガツガツ行くしかない。有名俳優や人気女優の私物をゲットしようぜ」と大興奮。ホリプロでは、続々と豪華タレントの秘蔵グッズを発掘するも、意外なアイテムと交換した、その理由とは…?

次に、かまいたちは自身のSNSで交換を呼びかける投稿ができる「SNSチャンス」のカードを使用。偶然にも、Twitterの急上昇ワードで「濱家さん」とトレンド入りしている真っ只中の濱家隆一は、総フォロワー数60万人超のTwitterで交換の呼びかけ。

順調に見えたかまいたちだが、この「SNSチャンス」をめぐって口論が勃発。濱家のTwitter投稿を責める山内に対し、濱家が「お前がトレンドに入ってへんから悪いんやろ!」と怒声をあげると、山内は「トレンドに入りたいよ!俺も!入れるなら!」と嘆き、本音を覗かせた。

果たして、かまいたちは「SNSチャンス」を活かすことができるのか…?最初の目的地となった東京ミッドタウン日比谷に到着したなすなかにしは「浪速の街ぶらキング」の異名のごとく、すぐさま手慣れた様子で買い物客に声を掛け、マスク、みかん、アルコールジェル、除菌シートと順調に物々交換を重ねていく。

また、次に向かった所属事務所である松竹芸能の事務所では、所属芸人たちのマル秘グッズを大発掘。さらなる高額アイテムを狙うため、1度だけ知人に電話をして情報を得ることができる「テレフォンチャンス」を使用し、中西茂樹が所属事務所・松竹芸能の大先輩である
笑福亭鶴瓶へ電話をした。中西は「師匠の持っているものと替えていただきたい。今、松竹芸能のグッズを持っております」と懇願するも、鶴瓶は「いるか!」と一蹴。

この松竹芸能グッズは何に替わるのか…?一方で、天竺鼠の川原克己は「普通にやっても、あの2組に勝てない」と愚痴をこぼし、不穏なムードが漂う。その予言の通り、交渉が難航する中、一発逆転を狙って「テレフォンチャンス」を使用することに。

川原は親交の深いお笑いコンビ・ランジャタイの国崎和也に電話をし、ランジャタイのいるテレビ局に向かう。テレビ局前で待ち受けていた国崎は淡々と「僕の私物です」と話し、『M-1グランプリ2021』で世間を騒がせたお手製の小道具“オール巨人さんの等身大パネル”を持ち寄る。思いもよらない私物の登場に、天竺鼠の2人は「テレビで見たやつや!」と大興奮。さらに、M-1では登場しなかったとある芸人の等身大パネルも交換に出すと、この交換がとんでもない結果を巻き起こす…!?

ラストスパートをかけ、かまいたちは古物店を訪れ、なすなかにしは銀座で交渉を行い、天竺鼠は「SNSチャンス」を使用した。果たして、「ABEMAウォーター」は何に替わったのか…?また、ランジャタイお手製の等身大パネルが予想外の査定額となり、一同驚愕することに。その査定額とは…?

三つ巴バトルとなった「わらしべ長者選手権」に、視聴者からは「計算して動くかまいたち、地道ななすなかにし、セオリーに捉われない天竺鼠と、コンビ色がハッキリしていてめっちゃ良かった」「各コンビの生き方とカラーが滲み出ている」と個性が異なる3組を分析する声や、「ランジャタイの出し方が最高」「何度でも笑ってしまう」「まさかの結末」と反響が寄せられた。放送の模様は、放送後7日間無料で見逃し配信中なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
かまいたち山内考案の新規事業でかまいたちがボロ儲け!?
http://www.entameplex.com/archives/67318

かまいたち山内の告白に濱家「ネットニュースになる!」
http://www.entameplex.com/archives/66441

かまいたち、“進化系”プロヒモ師のテクニックに驚愕!
http://www.entameplex.com/archives/66053