Entame Plex-エンタメプレックス-

内田真礼が下野紘を甘々“スーパーにゃんこ”に育成!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は22日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#39』を放送した。

本放送では、下野が約1ヶ月ぶりの復活。7月の下野復帰回(#14)に続いて、今回も「帰ってきた!シモトラマンII」と題したヒーローショー(?)からスタートし、まさかの “シモトラマン”の再来に、視聴者は「でたwww」「シモトラマン!おかえりー!」と大盛り上がり。赤白帽子を縦にかぶって「夜あそビーム!」とゆるい技を繰り出したり、会議机の上に寝そべりヒーローポーズで移動したりと、全力で“シモトラマン”を演じる先輩の姿に内田さんも大爆笑で「なんなの!」「グダグタしてるわよ」とツッコミを連発。

そうして盛大な茶番が無事終わると、下野は「まさかまたやるとは…」と呟き、オープニングからヘトヘトになっていました。

そんな番組内では、2月22日の「猫の日」にちなんだ企画をお届け。22時22分22秒には、2人が猫のカチューシャと肉球手袋をつけて猫語でおしゃべりする“にゃんにゃんタイム”がスタートしたり、猫耳型のコミュニケーションツール『necomimi』であそぶ「素顔を暴け!ニャンニャンセンサー」や下野さんを“スーパーにゃんこ”に育てる「育成ゲーム“下野メーカー”」を実施した。

「素顔を暴け!ニャンニャンセンサー」では、脳波に反応し耳を動かす『necomimi』で2人のウソを暴くことに。さまざまな質問に全て「いいえ」で答え、反応を確かめる。まずは下野が『necomimi』を装着。「本当はスマホがほしい」「実は“ひろくん”と呼ばれるのは嬉しい」「“かわいい”と言われるのはまんざらでもない」などの質問がされ、常にピクピクと動く耳に、下野は「俺ずっと動揺してんじゃん!」と赤面。「“ひろくん”って呼ばれるの嬉しくないですか?」「みんなコメントでかわいいって言ってるのに…!」と疑う内田に、下野は「(かわいいは)受け入れてはいますよ。褒め言葉として!」と照れ臭そうに笑った。続いて内田が挑戦。

「番組開始当初下野さんとのコンビは不安だった」「ホークスファンはビジネス」などの質問に全く動揺を見せず、リラックスした鳴き声が響いたが、「本当はキャスケットがすごく好きだ」という質問には大きく反応を示した内田。下野からの「CDジャケットでキャスケットかぶっていた気がするけど?」「キャスケット好きなんだろ?」という質問攻めに、番組でも度々キャスケット嫌いを公言していた内田は大慌てで「あれは私であり私じゃないんです」「ニャーじゃない!」と全否定。

また、「育成ゲーム“下野メーカー”」では、下野が内田からの無茶振りの被害に。番組からのお題に“スーパーな回答”で答え、下野が演じるキャラクターをスーパー〇〇に育てるこのゲーム。今回は“スーパーにゃんこ”を育成してもらった。まずは、飼い主に怒られた時のセリフがお題に。下野は内田の回答をそのまま再現しなければならず、ニヤリと笑う内田は「ごめんなさいにゃ。でも僕のことご主人様はゆるしてくれるにゃよね。このかわいいお耳に免じて許してほしいにゃん(にゃんにゃんポーズ)」と甘々なセリフをリクエスト。

照れ臭そうに演じきる下野に内田は「いい!今まで一番好き」と大絶賛で、コメントも「最高www」「ひろくんかわいいww」「真礼監督ありがとう」「かわいいの大渋滞!」と盛り上がった。その後も無茶振りの連続で下野を“スーパーにゃんこ”に育て上げた内田。終始、内田の掌の上で転がされる下野は、吹き出したり、噛んでしまったりとタジタジで「いろんな動揺が今日はいっぱいあったね」と苦笑いした。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488