Entame Plex-エンタメプレックス-

下野紘&内田真礼、生み出したキャラクターで親バカに!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は8日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#41』を放送した。

本放送では、「突入!ピクチャーアプリワールド」と題した特別企画を実施。内田の「自分たちでオリジナルキャラを作ってアテレコしたい」というリクエストを受け、さまざまなピクチャーアプリで遊んだ。

まずは、読み込んだイラストを画面上で動かせるアプリ“らくがきAR” を使ったあそびに挑戦。スマーフォンのカメラで読み込むと、まるでその場にいるようにキャラクターが動き出す夢のようなアプリで、自分たちでオリジナルキャラクターを作り、タイムレース対決をした。
対決の前に、操作に慣れるため、スタッフが描いた下野と内田のイラストをスキャン。寝転がりながら移動したり、お尻のほうからご飯を食べようとしたりと、予想外な動きをする自分たちのキャラクターに2人は「どうしてもお尻からしか食べられないのね!?」「ペラペラの下野さんが倒れてる(笑)」「なんか動きが怖いよ~」と笑い合った。

そうして、自分たちのキャラクターで遊んだ後は、早速オリジナルキャラクター作りへ。下野は、足の速いキャラにするべく、羽をつけたり、足をたくさん生やしたりと試行錯誤し“ツチノコくん”を完成させた。一方で内田はアベマくんに酷似した“コイツくん”を披露。パクリ疑惑に内田が「え!?みんな知ってます?」ととぼけると、下野がすかさず「もうまんまだよ!ちゃんと許可取らないと」とツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれた。

その後、“ツチノコくん”VS“コイツくん”のレースがスタート。キャラクターに声をあてながら操作をするというルールだが、なかなか思い通りに動かないキャラクターに2人はアテレコを忘れて大騒ぎ。結局ゴールまで導けず、グダグダな結果でレースが終了したが、すぐに自分のところへ寄ってきたり、ご飯に食いつくキャラクターたちに2人は愛着が湧いたようで「お前、かわいいヤツだなぁ」「人参が好き?えらいね~」と親バカに。さらに“らくがきAR”では、いろんなイラストを同時に読み込めるとのことで、視聴者からイラストを募集し、番組の最後にそのイラストとともに集合写真を撮ることに。

放送中に多くのイラストが集まり、2人は「すごい!かわいい~」「いっぱいいる!ありがとうございます」と大喜びで、撮影会が行われた。

また、AIが絵を描いてくれるアプリ“DREAM”で遊んだ「DREAMで、AIイラストクイズ!」も。指定したワードでAIが自動で画像検索し、その画像を元に描かれたイラストが“似てないようでどこか似てる!”と話題になったこのアプリ。そんな“DREAM”で、なんの絵なのかを当てるイラストクイズに挑戦した。ゴジラを抽象的に描いたり、色味だけでカービィを表現したりと、そのものっぽい作品に2人は「うわ!かっこいいじゃん」「もはやアートですね」とびっくり。その後も、AIが描くアーティスティックな作品に「これ面白い~」「センスいい!」「雰囲気あるなぁ」と絶賛しながら2人はクイズを楽しんでいきました。

そして番組の最後には、「火曜MCからの大切なお知らせ」として、下野さんと内田さんの口から、来シーズンもMCを継続することが発表されました。「いろんなことを経験させてもらえるし、楽しかったし、これからもいろんなことをやらせてもらえたらなと思いつつ、頑張って来期以降もやっていけたらと思います」(下野)、「ここまで楽しかった思い出も含めて来期も頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」(内田)と思いを語った2人。また、新体制の発表は、3月26日(土)放送の『声優と夜あそび WEEKEND』にて明らかになることも合わせて発表された。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488