Entame Plex-エンタメプレックス-

ふかわりょう、チュランペットを絶賛「文句なしの優勝」


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は18日、『ワタナベお笑いNo.1決定戦2022(以下、ワタナベお笑いNo.1決定戦)』を独占生放送し、チュランペットが栄えある優勝に輝いた。

本番組「ワタナベお笑いNo.1決定戦」は今年で7年目を迎えたワタナベエンターテイメント一押しの芸人を決める大会で、290組525人の応募の中から決勝進出者10組と、敗者復活から勝ち上がった2組が優勝賞金100万円を懸けた熱い戦いを繰り広げた。

4組ずつ3ブロックに分かれてネタを披露し、各ブロックの勝者がファイナルラウンドで改めてネタを披露し、1組がチャンピオンとなる。審査方法は、4名の審査員と会場のお客さま、視聴者の投票による投票で決定。審査員には、ふかわりょう、加治倫三、小松純也、佐久間宣行の計4名が登場。

佐久間は「若手芸人のネタを見るのは好きなので、楽しみにしていました」と期待のコメントを寄せ、決勝MCは、お笑いコンビ・ハライチが務めた。

Aブロックでは審査員が頭を抱えるくらい混戦を極めたが、ニュートンズが決勝へ駒を進めた。加地は「レベル高い。もっと簡単なブロックであってほしかったですね…ズルい」とコメント。

Bブロックでは、ふかわは「金の国のおにぎりさんが演じた女性はテレビコントでも通用する、毎週会いたいですね」と金の国への絶賛コメントを寄せたが、ピン芸人のこたけ正義感が票を獲得し、決勝へ駒を進めた。

Cブロックでは審査員のうち3名が投票し高評価を得た、チュランペットが決勝への駒を進めた。

ファイナルラウンドでは、まず1組目にファイナルラウンド唯一のピン芸人・こたけ正義感が登場。弁護士のキャリアを持つ芸人という、唯一無二の個性を生かしたネタで会場から大きな笑いを誘った。

2組目に登場したチュランペットは、居酒屋店員のネタを披露。ふかわは「素晴らしいですね。居酒屋の店員のやっつけ感、芝居というか表現力が素晴らしかったです」と絶賛。

3組目に登場したのは、四千頭身を下して駒を進めたニュートンズ。独特のリズム感でのネタに、加地は「一週間はずっと頭に残りますね」とコメントした。

そして最終審査へ突入。会場の緊張感が高まる中、290組525人の頂点に輝いたのは、敗者復活枠から決勝に進んだチュランペットに決定した。審査員からはふかわ、佐久間、そして視聴者の票を獲得し、チュランペットのとしぱんちは「10年やってきて、辞めなくてよかったです」と涙を目に浮かべながら感想を話した。

ふかわは「全て良かったです。文句なしの優勝だと思います」と大絶賛。加地はこたけ正義感に投票し、「ネタ番組とかにいっぱい呼ばれて、売れると思います」と称賛すると、こたけ正義感さんは「芸人を片手間にやってるのではないか、と言われることばかりだったので、本当に嬉しいです」と涙ながらに語っていた。

大会後の優勝会見ではチュランペットの2人に賞金100万円の使い道を質問され、藤並賢一は大会の前日に相方のとしぱんちと2人で決めた使い道として、「単独ライブをまだやったことがないので、賞金で大きな会場を借りて初単独ライブをやりたいなと思います」と熱く語った。そして応援してくれた方へのメッセージとして、としぱんちは「僕らみたいな地味で売れてない芸人を、根気強く応援していただいてありがとうございます。これをしっかりチャンスにして売れたいと思います!ただ、さっき審査員の方とお話しさせていただいて、こたけ正義感の方がはまっていた感じがしたので…もう一踏ん張りしたいと思います!」と話した。

SNS上では、生放送を観ていた視聴者から「チュランペット敗者復活からの初決勝からの優勝かっこよすぎる」「圧巻の優勝でした!!」「1本目も2本目もクセになるネタで面白すぎました!」と祝福の声が殺到。またこれまで応援してきたファンからは「嬉しくて泣いてしまったよ」「これからもずっと応援させていただきます!!」と、苦節10年でついに初優勝を掴んだ2人へのコメントが寄せられていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
指原莉乃“ワキ見せて”を断固拒否「だったら死にます」
http://www.entameplex.com/archives/48511

インリン「M字開脚しんどかった」グラビア復帰にも言及
http://www.entameplex.com/archives/42731

鈴木奈々、野呂佳代のヘア事情に「下の毛凄そう!」
http://www.entameplex.com/archives/38882