Entame Plex-エンタメプレックス-

蒼井翔太、レコーディングでは“ノーパン”で歌う!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は20日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【森久保祥太郎×蒼井翔太】#2』を放送した。

本放送では、水曜日新コーナーを続々と実施。声優の武器“声”を使わずにお題のセリフを表情だけで表現する「声は封印! 顔面シアター」では、2人の振り切った変顔が披露されたり、2人の名前に共通する漢字“太”にかけて世の中にある様々な太いものを紹介する「今夜の太いアレ」では、“極太カルパス”に大興奮したりと、新コーナーを楽しんでいった。

また、蒼井が“黒”井翔太に変身し心の中に溜まっている闇を吐き出す「心ノ闇ヲ解放セヨ!黒井翔太」では、蒼井がリミッターを外して大暴れ。変身前、「闇の部分なんてないですよ~だって僕しょーたんだもん」と話す蒼井だったが、黒の仮面をつけた黒井翔太で登場すると「SNSでこれを紹介したい、これを着てるってアピールする場があるけど、なんで顔がドアップで写っているんだよ!!見て欲しいのは顔じゃねーかよ!」「写真を撮るとき、顔を補正する子が多い。それは我も一緒だ。ただ、撮る場所を考えろ!後ろの壁が歪んでいるんだよ!」と世の中への不満を爆発。蒼井の豹変ぶりに、森久保も「手に負えなかった…」と困惑し、スタジオは笑いに包まれた。

また番組内では、前回好評を博した「フリなし!オチなし!実りなし!しょーもない話」も実施。特にオチのない話こそ、人間味溢れて魅力的かも(?)ということで、しょうもないことを熱く語りあっていきます。蒼井は、レコーディング時の“しょーもない話”を披露。すると蒼井から「(レコーディングで)どうしても歌えないなって時に、トイレに行かしてもらって、一番肌に近いお召し物…パンツを脱いだんです。そしたらものすごいパッションが出て!それからパンツを脱いでからの一発目を基本にしてCDを出しています」と衝撃発言が飛び出し、森久保は「しょーたんの曲はノーパンで歌ってるぞ!」と爆笑。

また、森久保が「ライブの時はノーパンじゃないの?」と尋ねると、蒼井は、ノーパンは否定したものの、その理由について「この前のライブツアーもチャックが開いていたんですよ。気づいたのは自分だけだったんですけど(笑)そういうことがあるから…それはヤバイなって」と語り、ライブでのチャック全開話を赤裸々に明かす。さらに、ノーパン話は盛り上がり、森久保も「大学生くらいの時、いっときノーパンだったよ」と告白。

「当時70年代のファッションが流行っていて、ベルボトム(膝から裾にかけて広がるパンツ)ってわかる?(腰周りが)ピチピチだから、みんなノーパンで履いてたよ」と語り、2人のノーパンエピソードが明かされた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488