Entame Plex-エンタメプレックス-

関智一&浪川大輔がマイナーきのこを学ぶ!


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は29日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×浪川大輔】#14』を放送した。

いきなりマッシュルームヘアで登場した関と浪川。「関さん似合いすぎて…いますってそういうキャラ!」「浪川くんも映画にでてきそう」「ちょっとおばさん感あるよね」と笑い合いながらオープニングを迎えた。

そんなマッシュルームヘアの2人とともに、本番組ではさまざまなきのこを学ぶ「マイナーきのこを食べてみよう!」と題したコーナーを実施。先週(#13)の放送で、関と仲村が大のきのこ好きであることが発覚したことから、きのこの魅力を発信する「関東きのこの会」のメンバー・コイケ ハルカに、珍しいマイナーきのこを紹介してもらった。

「きのこ大丈夫ですか?」と心配して尋ねる関に、浪川も笑顔で「大好きです!」と答え、早速きのこの紹介へ。関さんが先週、食べたことがあると話していたピンク色のきのこ「トキイロヒラタケ」や、白くふわふわとした見た目が特徴の「ヤマブシタケ」などが登場し、シンプルに塩焼きで味わった2人。「ヤマブシタケ」では、免疫機能を正常化、ボケ防止という効果に「俺たち必要じゃない!」「アレとソレとコレで話しますからね」と笑いを挟みつつ、きのこを堪能していく。

そんななか関のきのこ雑学が炸裂する場面も。「きのこって電極をさすと音楽奏でたりするんですよね。きのこって会話してるらしいです」「えのきの石づき捨てたらダメだよ!あれをバター炒めにしたらホタテのソテーみたいになってめちゃくちゃうまいの!」と話す関に、浪川は「関さんがきのこそんなに詳しいと思わなかったです。長く付き合ってますけど一回もきのこの話したことないですよ!」と驚きの声。

また、マイナーきのこクイズも開催。“儚きワンナイトきのこ”というキャッチフレーズがつけられた「ササクレヒトヨタケ」では、なぜ“ヒトヨタケ”という名前がついたのかが問題に。「通常きのこは傘から胞子を出して繁殖するところ、ササクレヒトヨタケは成長すると一晩で自身をドロドロに溶かして繁殖する」というまさしく“ワンナイト”な儚い一生が明かされ、2人は「これが一晩の出来事!?」「まじで!?」と驚いた。ほかにも、真っ白なローブをまとったような美しい見た目から“きのこの女王”と言われる「キヌガサタケ」の問題では、傘から強烈な匂いを放ち、虫を誘き寄せ胞子を広げることや、白のローブは小さな虫を登りやすくするためにあることが紹介され、知られざるきのこの生態に2人は興味津々で耳を傾けていた。そうしてたっぷりときのこについて学んだ2人。

関は「歯応えあって食べた感じするのにカロリー低いじゃん。ダイエットにいいよ!免疫もあがっちゃって」と話し、きのこの魅力を視聴者へ訴えた。

ほかにも番組内では、ルーレットを回し止まったお題に沿ってフリートークをする「てきとうルーレットーク」を実施。「夜あそびって5年続くと思った?」という質問では、1年目からMCを務めてきた2人が口を揃えて「思わないよね」と回答し、手探りだった1年目を振り返っていた。

その後、関から「あとどれくらい続くと思う?」という質問がされると、浪川は「ここまできたら10年はいきたい」と答え「今、僕が1日も休んでないんですよ。休まずにどこまでいけるか挑戦したい」「自分との体力の勝負だと思ってくるんですよ」と意気込む。また、関は「いけるまで行ってほしいし、俺たちから辞めることはないよ。もしいなくなったら、クビになったなって思ってください」と笑いを誘いつつ、番組への思いを語り、“ミスター夜あそび”と言われる2人で番組の未来を話し合っていた。

(C)AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
関智一&仲村宗悟が“恋バナ”で大盛り上がり!
http://www.entameplex.com/archives/70335

下野紘&内田真礼、新人ADの悩みに処世術を伝授!?
http://www.entameplex.com/archives/70233

石川界人「自分の口臭で気絶しそう。涙でるわ」と大悶絶
http://www.entameplex.com/archives/70201