Entame Plex-エンタメプレックス-

高校生漫才選手権にちなんで、タカトシらが学生時代のイケてない話で大盛り上がり


高校生漫才日本一を決める全国お笑い選手権「ハイスクールマンザイ ~H-1甲子園~」が今年も開催される。今回、各地方予選会でMCをつとめる芸人たちが大会の応援団を結成し、本日23日イオンモール幕張新都心で会見を行った。

会場に集まったのは、大会決勝でMCを担当する司会のタカアンドトシをはじめ、千鳥やパンクブーブー、フルーツポンチ、パンサーの尾形と管、マテンロウの計12人。

この日は、集まった芸人たちが高校生の大会にちなんで、今はイケてるけど昔は冴えなかった……と、高校時代のイケてないエピソードを披露。「昔はビール瓶みたいにガングロのギャル男でした」と語りはじめたのはパンサー:管。あまりに見た目が変わりすぎたため、当時祖母とすれ違っても無視され、ホームレスに間違えられていたとか。

また、「ハイスクールマンザイ」の前身にあたる「M-1甲子園」に“グランドスラム”というコンビ名で出場していたというマテンロウ:大野は、大会の前日、自分のブログに「日本一おもしろい高校生になってくる」と書いたところ、相方のアンソニーから「だな。」と反応があったが、結果は予選落ちだったとのこと。

その他にも様々なエピソードが披露され、会見も大盛り上がりだったが、最後にトシは、「みなさんが将来ライバルになるかもしれません、ぜひ頑張ってください」と、高校生たちにエールを送り締めくくった。

<関連サイト>
ハイスクールマンザイ2014 http://www.highschool-manzai.com/
くまだ、ノブコブ、渡辺直美らが世界的ショーへの出演枠をかけてネタバトル http://www.entameplex.com/archives/9929