Entame Plex-エンタメプレックス-

「アナ雪」強し! 2014年上半期エンタメ事情まとめ


Entame Plexでは、国内在住の20代〜60代の女性に「2014年上半期(1月〜6月)のトレンド」に関するアンケートを実施。このたびその集計を公開した。

まず、「2014年上半期で一番面白かったドラマは?」という質問に対しては、意見が分かれるなか見事1位に輝いたのは、1〜4月にオンエアされた松本潤主演のドラマ「失恋ショコラティエ」(15%)。次いで、沢尻エリカ8年ぶりの地上波連ドラ主演&ハードな内容で話題を呼んだ「ファースト・クラス」(12%)。その後は団子状態で、視聴率的には上半期でもトップクラスだった「花咲舞が黙ってない」(9%)、「MOZU Season1 ~百舌 の叫ぶ夜~」、「続・最後から二番目の恋」、「ルーズヴェルト・ゲーム」(各7%)と続いた。一方で、ドラマを見ていなかったという意見も多く、全体の7%を占めた。
興味深かったのが、作品のセレクト理由として、約半数の49%が「たまたま見始めて面白かったから」と回答しており、今はドラマを熱心に見るというわけではなく、なんとなく見始める人が多いようだ。そういう意味では、昨今ドラマ離れが叫ばれているが、決して作品自体のクオリティが下がっているのではなく、単に視聴者がドラマを見なくなっただけで、見始めるとハマる人が多いということだろう。そして、それ以外の回答としては26%の人が「好きな役者が出演しているから」と答え、まだまだ出演者による影響も大きいことがわかった。

ちなみに、ドラマのキャラクターで特に共感したのは、「続・最後から二番目の恋」の吉野千明がトップで15%、「ファースト・クラス」の吉成ちなみ、「花咲舞が黙ってない」の花咲舞が13%、そして「失恋ショコラティエ」の高橋沙絵子、加藤エレナとなっている。

また、上半期のドラマの傾向としては、刑事ものが多く見られたが、「注目しているドラマのジャンルは」という質問に対しては、トップが「大人の恋愛ドラマ」で19%、そして「朝ドラ」の15%、そして三位に「刑事ドラマ」で14 %となった。意外にも「大人の恋愛ドラマ」が人気で、これは「続・最後から二番目の恋」の評価が高かったことにも影響していると言える。

今回は、ドラマだけでなく映画に関しても同様のアンケートをしてみたところ、「アナと雪の女王」がダントツのトップ(42%もの支持を獲得!)。続いて「テルマエ・ロマエII」が11%、「永遠の0」が10%、「相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係」が7%を記録したが、その他はどれもごく少数の意見にとどまった。「アナ雪」フィーバーは、まだまだ続いているだけに、2014年の映画界は「アナ雪」一色になりそうだ。

その他、「最も勢いのあったアーティスト」部門では、「アナ雪」効果も相まってMay J.が1位を獲得(17%)。次いで、AKB48グループ(13%)、嵐(12%)とアイドル系いまだ強しと言える結果に。また、今後注目のアーティストとしては、May J.、神田沙也加の「アナ雪」組、そしてSEKAI NO OWARI、Kis-My-Ft2、舞祭組といった現在ブレイク系に混じって新感覚バンド、ゲスの極み乙女。の名も(要注目!)。
また、タレント部門では、現在「バイキング」の月曜MCをつとめる坂上忍、ソチ五輪金メダリスト:羽生結弦、ものまねタレント:ざわちんが上位にランクインした。

最後に、上半期話題のニュースに関して聞いてみたところ、これまた「アナ雪」ヒットがダントツの39%、次いで「笑っていいとも」放送終了が18%、そして小保方晴子 STAP細胞事件が15%という結果に。STAP事件の直前に大きな話題となった佐村河内守 ゴーストライター事件は1%と、当時に盛り上がりに比べて相次ぐ事件の裏に隠れてしまった格好となった。

全体を通して、2014年上半期のエンタメ界は「アナと雪の女王」の一人勝ちと言えるだろう。ドラマに関して言えば、昨年は「あまちゃん」「半沢直樹」と大ヒット作品が生まれたが今年はなし。それだけに下半期どうなるのか。キムタクの「HERO」などモンスタードラマの第二弾をはじめ様々な作品がラインアップされているだけに期待したい。

(調査概要)

2014年1月に国内在住の20〜60代女性278名を対象にインターネットにて調査

<関連サイト>
夏本番! みんなが聴きたい“夏ソング”第1位は!? http://www.entameplex.com/archives/12737