Entame Plex-エンタメプレックス-

柴咲コウ、フリーイベントで、3000人を超える観衆にうちわの手渡し


8月27日にシングル「蒼い星」をリリースした柴咲コウ。その記念として、30日に神奈川県川崎市の大型ショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」の野外ステージにて、全3曲を歌うフリーライブを行った。

柴咲が首都圏で観覧無料のフリーイベントを行うのは今回が初めて。会場は開催当日の正午に発表だったにも関わらず、彼女の歌声を聴こうと集まったたくさんの人たちで溢れかえった。開演前のアナウンスを担当したのは、柴咲コウの声を元に作られたというボーカロイドのギャラ子。ステージ向かい側のスクリーンには彼女をイメージした可愛らしいキャラクターが映し出され、そんなギャラ子の合図でこの日のイベントはスタートした。

「ラゾーナ川崎!今日はみんな楽しもう!!」と元気いっぱいに登場した柴咲コウ。さわやかなメロディが流れると共に、会場にも自然と手拍子がわき起こる中、1曲目「invitation」を全身で表現するかのようにパワフルに歌い上げる。
MCになると、「まさかこんなに人がいるなんて!!」と、会場に集まったたくさんの人たちを見て、柴咲はとても驚いた様子を見せた。
2曲目には映画「黄泉がえり」の劇中の歌手“RUI”名義でリリースされた「月のしずく」を披露。繊細かつ力強いバイオリンの音色を連れながら、感情たっぷりに歌を届ける柴咲の姿に、息をのみ静かに聴き入る観客。その迫真迫る歌声は、通りすがる人たちも思わず足を止めてしまうほどだった。

「教えたいこといっぱいあるんだけど、大人の事情ってのがあんのよ!」と会場の笑いを誘った柴咲。「でもひっきりなしに働いてるということだけは言っておきます(笑)」と話す彼女の様子からすると、今後の活動についても嬉しい発表が期待出来そうである。

そして最後に披露したのは新曲「蒼い星」。ビクターに移籍後初となるシングルについて、「新たな気持ちで柴咲コウをやっているんだよ」と語り、そんな思いが込められたこの曲を、心地よい夏の夕空の下、しなやかに力いっぱい歌い上げると、会場はその歌声に魅せられた大勢の観客たちからの割れんばかりの拍手で包まれた。

「もう3曲くらいやりたいけど……時間が決まってるの(笑)」と歌っているときの表情とは打って変わって、MCになると茶目っ気たっぷりな表情を見せる柴咲。

フリーライブ終了後には、新曲「蒼い星」に封入されているイベント参加券と引き換えで、柴咲コウとギャラ子がデザインされた会場限定のうちわを、なんと柴咲コウ本人が観客に手渡し。用意された3000枚のうちわが一瞬でなくなるほど、この日のイベントは大盛況で幕を閉じた。

<関連サイト>
柴咲コウ http://www.koshibasaki.com
柴咲コウ、新曲リリース記念のフリーイベントを開催 http://www.entameplex.com/archives/13526