Entame Plex-エンタメプレックス-

小林幸子「(ボカロ曲は)いい曲たくさん……『千本桜』はしびれました」&武道館でボカロ曲を歌う宣言も


約2カ月間に渡り全国で開催してきたニコニコ町会議(niconicoによる移動式文化祭的イベント)。そのファイナルが9月20日、東京都西多摩にある檜原村で開催され、“降臨してみた”のステージでは歌手の小林幸子が登場。「さちさちにしてあげる♪」、「J( ‘ー`)し カーチャン」、そして「千本桜」を熱唱した。

また、ステージ上では活動50周年を記念し11月17日に開催される日本武道館での公演を、ニコニコ生放送で生中継することを発表。これには会場も大きな歓声に包まれ、なおかつ生放送していたニコ生でも数多くの弾幕が飛び交った。

そんなライブ終了後、小林はメディアの取材に応じ、まずはコミケで販売したミニアルバムにも収録され、この日も披露した「さちさちにしてあげる♪」について「すごく評判だったので、ぜひ歌いたいと思っていました。機会があったら歌わせてもらいたいなと思っています」とコメント。

また、ボカロ楽曲に関して「いい曲がたくさんあるんですよ。それをもっと知らしめることができないかなって思っていて」、さらには「いろいろな曲があったけど、『千本桜』はしびれましたね」と笑顔で話していた。

ただ、ボカロ曲を歌うにも苦労があるようで「普通、歌を作るときは人間が歌ってみて作曲するわけですけど、ボカロはコンピューターだからブレスするところがないんですよ。どこでブレスしようかと、50年間の引き出しを出してすごく考えましたね。あとは音域が無限大なのでびっくりしました。でも、いろいろと考えて、私自身勉強になりました。勉強するのはいいですね」と語り、いま注目しているボカロ曲は?という質問には「あるんですけど……ちょっとやってみたい曲もあって今は内緒。楽しみにしててください(笑)」と、今後の動向が気になる一幕も。

そして、この日のステージでも発表した武道館公演について「ニコ生で完全生中継してくださるとのことですごくうれしいです。今年で活動50周年なんですけど、(日本武道館公演は)今までの集大成。こっち(コミケやボカロ、ニコ動)の世界もあり、それを今まで私がやってきた世界と融合させるのではなく、こういう世界もあるんですよって、両方の世代の人に見てもらうことが50周年の私の使命かなと思っていて。どっちに迎合するわけではなく、両方の世界を見ていただければと思っています」と話し、最後には「(武道館でボカロ曲を)歌います!」と断言していた。

小林の他にも、ニコニコ町会議のステージでは歌い手ユニット:ROOT FIVEや踊り手ユニット:ギルティ✝ハーツ、八王子PやDJ’TEKINA// SOMETHING (ゆよゆっぺ)など、ニコニコおなじみのメンバーが参加し、さらには様々な催しも行われ、東京都の本州における唯一の村は終止熱狂の渦に。

そんなニコニコ町会議、ツアーは今回でファイナルだったが、なんと追加公演が決定。しかも、早くも9月28日(日)に名古屋で開催されるとのこと。

<関連サイト>
小林幸子 http://www.sachiko.co.jp
ニコニコ町会議 http://info.nicovideo.jp/chokaigitour/
小林幸子がニコ動に久々降臨! さちさちにされるユーザーが後を絶たない件 http://www.entameplex.com/archives/13507