Entame Plex-エンタメプレックス-

【動画】山本美月、コスプレ満載の「GooPLUS」新TVCMが放映開始!


「プライベートよりもまず仕事を充実させたい」

そう話してくれたのは、モデルで女優の山本美月。

CanCam専属モデルとして活躍する傍ら、昨年は「東京難民」「女子ーズ」「小野寺の弟・小野寺の姉」をはじめとする映画、そして数多くのドラマにも出演するなど、女優としてもメキメキと頭角を現し、飛躍を遂げた彼女。首都圏エリアをはじめとする11エリアにて、本日22日より放映開始となった新TVCM「GooPLUS」にイメージキャラクターとして出演。CMでは、コンパニオンやメイド服、さらにはセクシーキャットなど5つのコスプレ風衣装を披露している。

15日、都内で行われた新作TVCM記者会見に登場した山本は、2015年に新しくチャレンジしたい7つの目標をランキングにして掲げ、年末に友達と一緒にイタリアに行ったという彼女は、7位に“英語を習いたい!”を挙げ、「旅行先でうまく英語が喋れなくて、意思疎通がちゃんとできなかったのがつらくて……1人で海外に行けるようになりたい」とその理由を語った。6位には“料理”を挙げ、「自分では作るんですけど、人にふるまえるほどじゃなくて……。目標はホームパーティーを開けるくらいの腕前になりたい」と女子力のアップを誓った。5位は“車を運転したい”とのことで「ドラマで運転するシーンがあったんですけど、運転に自信がなくて。まずは小さな車を買って愛犬を乗せてドライブに出掛けてみたい」と、車に興味が芽生えていた様子だった。4位は、山本の愛犬であるポメラニアンの“こつめとの時間を大切にしたい”とし、「毎日なるべく一緒にいる時間を作るようにはしているんですけど、どうしてもお仕事が忙しかったりで、一緒にいられないときもあるので……。家に帰ると、いつもくるくる回って出迎えてくれるんです!」と、こつめへの溺愛ぶりを明かした。

3位は“CanCamをもっと盛り上げたい!”とフリップに手書きで披露。高校3年生の時から始めたモデルも、現在では先輩的な立場となったことから「CanCamの王道な雰囲気は残しつつ、ファッションもいろいろ変化しているので、今のファッションを伝えていきたい」と、モデルとしての意気込みを語った。2位は“やったことのない役を演じてみたい”と、女優としての目標を掲げ「裏があるようなヒールな役など、皆さんが思い描いているイメージと違う役柄を演じてみたい。恋愛モノにも興味がありますね。恋に落ちて恋愛をするような作品をガッツリやってみたい」と目を輝かせていた。そして、1位には“飛躍の年にしたい!”と息巻いて「年女なのできっといいことがあるんじゃないかと思ってます」と笑顔で声を弾ませていた。

そんな新たな7つの目標を掲げていたイベント直後の山本に、新TVCMのことなど話を聞いてみた。

――新TVCMの撮影はいかがでしたか?
「たくさんの衣装が着れてとても楽しかったです」

――今回のTVCMで着た5つの衣装の中で、どの衣装が好きですか?
「一番気に入っているのは、赤いコンパニオンの衣装です。スタイリストさんがデザインしてくださって、すごくオシャレな雰囲気に仕上がっています」

――撮影で大変だったことは?
「リズム感が全然なくて……、歌とダンスがほんとに苦手なんです(笑)。なので、ダンスが大変でした」

――イベントでは、“車を運転したい”と話してましたが、どんな車に乗ってみたい?
「深緑とかシックな色をしたレトロっぽくて可愛らしい小さめの車がいいなと思いますね」

――昨年、大学を卒業して大きく変わったことはありますか?
「レポートのことを考えなくてもよくなったので、仕事のことだけに集中できる生活になりました」

――昨年を振り返ってみて、どんな1年でしたか?
「2014年は、大学を卒業したり、初めて舞台に出たり、連ドラでヒロイン役をさせていただいたり、いろんな初体験が多かった1年でした」

――今年はどんな1年にしたい?
「2014年は初めての経験を沢山させていただいたので、そこで学んだことを2015年は活かしていけたら・・・・・・プライベートよりもまず仕事を充実させたいいなと思います! もっともっと新しい役柄にも挑戦したいです」

<関連サイト>
「GooPLUS」 http://www.goo-net.com/gooplus/
山本美月オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yamamotomizukiblog/
山本美月が憧れる女性像とは? 映画「小野寺の弟・小野寺の姉」インタビュー http://www.entameplex.com/archives/15985