Entame Plex-エンタメプレックス-

チームしゃちほこ、赤坂BLITZ公演に2400人のファン集結! ウナギイヌとのコラボジャケ写も公開


5月9日、10日に千葉・幕張メッセにて初のアリーナ2DAYS公演「幕張HOLLYWOOD」を控える名古屋発6人組高校生アイドル:チームしゃちほこが4月4日、映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の公開記念プレパーティを東京・赤坂BLITZにて開催した。

今回のイベントは赤塚不二夫生誕80周年企画として5月23日より全国公開となることが決定している映画のオープニングテーマをチームしゃちほこが務めていることから実現。歌詞にも登場する「四たす四は六でもない 8はパーなのさ」に引っ掛け開催日を4月4日に設定、イベントタイトルも『映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」の公開記念プレパーティ 四たす四は六でもない 今日はしゃちなのさ』と題された。

イベントは昼の部と夜の部の1日2公演、それぞれトークとライブの2部構成で開催。来場者にはバカボンパパのドレスコードが義務づけられており、さらに入場時にはチームしゃちほこ担当のヘアメイクが来場者にバカボンのパパの髭を書いてあげるというサービスも行われ、2部合わせて約2400人のバカボンのパパに扮したファンが集結した。

昼の部のトーク・コーナーでは、メンバーが国語のクイズに挑戦。またシングル「天才バカボン」のUSB盤『チームしゃちほこ×映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」コラボUSB、略してしゃちヴォン盤なのだ~』に収録されたラジオドラマの一部をメンバー自ら朗読。お互いのラジオドラマを初めて聞いたため、秋本は「(大黒)柚姫のほしい!楽しそー!」と期待を募らせた。ライブ・コーナーでは新曲「天才バカボン」を含む全6曲を披露した。

そして、夜の部のトーク・コーナーには今作の映画監督・脚本で、バカボンのパパの声を担当するFROGMANとバカボンのパパがスペシャル・ゲストとして登場! 映画内では「秋本さんにお願いしたいと思っていた」というFROGMANの希望により、ウナギイヌの声優として登場する秋本帆華だが、「もしかしたら他のメンバーの方がウナギイヌに合うかもしれない! オーディションを開催しましょう!」というFROGMANからのまさかの提案により「ウナギイヌ緊急オーディション」が開催され、秋本を除く5人が思い思いにウナギイヌに挑戦。咲良菜緒と安藤ゆずのふたりがバカボンのパパから合格点をもらえた。

また、今回のシングル「天才バカボン」のCDジャケットで、ウナギイヌと私たちがコラボしているんです!」と、5月13日に発売される「天才バカボン」のCDジャケット(通常盤と初回限定名古屋盤)2種類のデザインがステージで初公開された。ライブ・コーナーでは、1部と同様に新曲「天才バカボン」でオープニングを飾ると、「8.6秒バズーカー」のネタ「ラッスンゴレライ」をまねた自己紹介を披露。ノンストップで4曲連続でパフォーマンスを行い、最後は「抱きしめてアンセム」含む全6曲を披露。

今年の4月7日で4年目に突入する彼女たちはこの日のパフォーマンスが3年目最後のライブということで、咲良菜緒は「こんなに盛り上がったライブが3年目最後でよかった!」とコメント。最後に、「幕張HOLLYWOOD」の告知動画が流れると、「幕張で待ってまーす!」と6人が呼びかけて、この日のイベントは幕を閉じた。

<関連サイト>
チームしゃちほこ http://team-syachihoko.jp
チームしゃちほこ、世界的ダンスユニットとコラボ決定! http://www.entameplex.com/archives/19266