Entame Plex-エンタメプレックス-

菜々緒「成宮さんがリードしてくれました」、入浴シーン&ラブシーンに初挑戦


6月11日、東京国際フォーラムにてオノ・ナツメの同名コミックを原作としたドラマ『ふたがしら』の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶にキャストの松山ケンイチ、早乙女太一、菜々緒、さらには監督の入江悠が登壇した。

本作は松山演じる豪放な性格の弁蔵と早乙女演じるクールな宗次、2人の盗賊コンビが暗躍するコン・ゲームもの時代劇。

早乙女は、今回演じた“クールな色男”宗次について「いつもそう(キャッチコピーを)書かれるんですけど、それがイヤなんですよね」とコメント。それに対して監督の入江は「早乙女くんとは現場中ほとんど話をしなかったんですが、どんな人なのか知ろうと思って彼のブログを見たことがあって。そしたらツイッターより短い文しか書いてなかったんです。翌朝その話をしてみたら、『そうっすね』だけで現場中の会話が終わって。(本人も)やっぱり“クールな色男”じゃないですか」と独自のエピソードと合わせて早乙女とその役柄とのシンクロぶりを披露。

時代劇初出演となる菜々緒は、今作で入浴シーンや成宮寛貴とのラブシーンにも挑戦。菜々緒は「ドラマ全体を通して初めての体験が多くて刺激的。(ラブシーンでは)あんまり相談もなく、成宮さんがリードしてくれました」と撮影時を振り返っていた。

これを受け入江監督は「脚本には菜々緒さんの服に成宮さんが手を突っ込むト書きがあるのですが、それでは間が持たないと思ったのか、成宮さんが(アドリブで)菜々緒さんの口に指を突っ込みまして。それに菜々緒さんもちゃんとリアクションしていたので、ずっと観てられるなと思いました」と楽しげに語ると、菜々緒は「リハではない展開だったので、わっ!と思ったけどとりあえず続けさせていただきました」と照れた笑みを浮かべる一幕も。

書店で原作を見かけて以来、念願叶いドラマ化できたという松山は「WOWOWさんにも初の時代劇として企画が通って本当に幸せです。本作の肝は、大きなものに向かって突っ走ってるカッコいい人間です。“粋”というか、その時代特有の人間性や時代劇の素晴らしさを改めて実感しました」と感慨深げに語りつつも、「ぜひ続編を作りたいです!」と意欲をみせた。

「連続ドラマW ふたがしら」は、6月13日(土)よりWOWOWにて放送スタート。

©オノ・ナツメ/小学館 ©2015 WOWOW/ホリプロ

<関連サイト>
「連続ドラマW ふたがしら」 http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/
松山ケンイチ主演ドラマ「ふたがしら」、貴重映像満載のメイキング映像が解禁 http://www.entameplex.com/archives/21255