Entame Plex-エンタメプレックス-

長編アニメ『花とアリス殺人事件』BD&DVD発売記念!岩井俊二監督インタビュー


岩井俊二監督による初の長編アニメーション作品『花とアリス殺人事件』が、8月12日(水)にBD&DVD発売されることを記念して、岩井監督のインタビューが到着。今もなお愛される続ける名作『花とアリス』の前日譚でアリスと花、ふたりの出逢いのエピソードを描いた同作では、史上最強の転校生アリスと史上最強のひきこもり花が出逢い、殺人事件の謎に巻き込まれてゆく姿を描いた。実写とアニメーションの差異も含めて、話を聞いた。

――今回“前日譚”を手がけて、作品世界への想いや改めて気づいたことはありましたか?

「これは、自分の中でも特殊な作品であって、普通映画は主題やモチーフなどが、たとえば事件が起こるとか、明瞭なものがなければ、企画がなかなか通らない側面がありますが、こういう風にふたりの女の子を主人公に、その限りにおいては何をやってもいいみたいな感じの、幅の広い題材というのは、実はそれほどやったことがなかったんですね。そういう意味では、自分の中では『サザエさん』じゃないですが(笑)、このふたりが動き続けている限り、ずっと動いている物語ではありました」

――岩井監督の中では、花とアリスのストーリーが、全然終わっていなかったわけですね。
 
「かなり独特な世界なので、前作を作った後も、しばらくそこから逃れられなかったというか、その後、意外と引きずったんですね。その結果、今回のエピソードゼロの話まで書いてしまったところもあって。普通なら1個作り終わると頭の中でリセットしますが、なかなかそうはならなかったですね。逆に言うと、実写を作った際の完全燃焼感みたいなこととは違う終わり方で、終わった気がしなかった。それって、ひとつの物語を描いたことじゃなかった、からだと思いますね。そもそも物語じゃなかったみたいな(笑)」

――また今作は、どうしてアニメーションで物語を制作することになったのでしょうか?
 
「もともと最初の構想では小学校の設定だったので、あのふたりで実写化は無理だけれど声優なら可能だってことで、初期の段階でアニメーション化の話が出てはいました。それともう1個、コミックも作っていたので、そうなってくると彼女たちを動かしたい欲求も生まれる。で、どうにかアニメーションにできないかという想いは、ありました。ただ、僕が長編のアニメーションを作れるわけじゃないので、スティーブンスティーブンさんと連携してやっていくなかで、だいぶ勉強にもなって。次はいろいろなことを考えて作れるなとは思いました。3D CG技術は、自分でも把握しきれないほど難しいものでしたが、使いこなせたら、すごいだろうなと思いましたね」

――アニメーションで作品を制作したことの利点があるとすれば、それは何でしょうか?
 
「まず日本のアニメーション界も、実写のように人間を動かそうとしてやってきたわけじゃないと思うんですよね。もうちょっとマンガ的と言うか、逆にディズニー/ピクサーのほうが、実写の人間と見分けがつかないような動きを採り入れてやっている気がします。それはどっちが優れているということではなくて。アニメーションを作っていていいなあと思ったことは、実写では人が動いているだけなので、そのなかでのキメの動きとか、いろいろありますが、アニメーションは、その人間のさりげない動きとか、そのまま再現するだけで、表現になってしまう。ちょっと人形劇に近いかもしれないですね。あ、動いた! みたいな。その瞬間の表現を見せられて、それが感動に直結するものかなと」

――なるほど。アニメーションならではの、感動の独特な伝わり方などがあるわけですね。
 
「実写に比べて感動しやすいというか、実写では平坦なシーンでも良く観えてしまう効果は、アニメーションの持ち味でしょうね。実写ほど顔の表情をつけなくても、すでにそう見えている。引き算されているけれど、伝わる状態になっているという。実写の俳優の場合はNGになって、“もうちょっと気持ち入れて表情作ってくれる?”みたいなことが、アニメーションはもともと表情がないけれども、伝わってしまう不思議というか。それは、なかなか面白かった。逆に表情が豊かすぎると、生々しくて拒否感が起こる。やり込みすぎると、よくないわけです。実写とアニメーションは、まったく異なる表現方法だろうと思いましたね」

『花とアリス殺人事件』のブルーレイ&DVDは8月12日(水)リリース!

©「花とアリス殺人事件」製作委員会
販売元・発売元:ポニーキャニオン
取材・構成・撮影/鴇田 崇(OFFICE NIAGARA)

<関連サイト>
『花とアリス殺人事件』 http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53350/
岩井俊二監督の最新コメント到着! 『花とアリス殺人事件』BD&DVDが8月に発売決定 http://www.entameplex.com/archives/20687