Entame Plex-エンタメプレックス-

家入レオ、ニューシングルでシンディ・ローパーなど洋楽カバーに初挑戦


家入レオが2016年2月17日にリリースするニューシングルのタイトルが「Hello To The World」に決定した。

11thシングルの表題曲となるシングル「Hello To The World」は、サウンドプロデューサーに多保孝一を迎え、家入にとって久々のアッパーロックチューン。今作について家入は、「『Hello To The World』は、これからもっともっと自分で新しい世界を切り開いていくんだ、という想いを歌詞に込め、私自身のこれからを知るための曲でもあります。今回、久々のロックチューンになっていて、前に向かう強さを楽しく開放的に歌っているので、スカッとした気分になってもらえると嬉しいです」とコメントしている。

そして、カップリングには、2016年2~3月のNHK「みんなのうた」でオンエアされる「オバケのなみだ」、今夏のドラマ「恋仲」の主題歌「君がくれた夏」の劇中のみで使用されたピアノバージョンを収録。

本作は、3形態での発売となっており、初回限定盤Aには、表題曲のミュージックビデオとそのメイキング映像を収めたDVDが付属される。

そして、CD2枚組仕様となる初回限定盤Bには、トリーネ・レイン「Just Missed The Train」と、シンディ・ローパー「Time After Time」といった新録スタジオ音源による初の洋楽カバー曲を2曲収録。

なお、家入は、本日20日(日)23時15分からテレビ朝日系で放送される「関ジャム 完全燃SHOW」、さらには、25日(金)19時より生放送の同局系列「MUSIC STATION SUPER LIVE 2015」への出演を控えている。

<関連サイト>
家入レオ http://leo-ieiri.com
家入レオ、「恋仲」の劇中で使用され話題のピアノバージョンが配信限定でリリース決定 http://www.entameplex.com/archives/24027