Entame Plex-エンタメプレックス-

真田丸ファン必見! 真田信繁の生涯を描く展覧会「真田丸」展が開催中


俳優・堺雅人が主演を務め、高視聴率を誇るNHK大河ドラマ「真田丸」。番組では、草刈正雄演じる真田昌幸がいよいよ大坂に上洛し、ますますの盛り上がりを見せている。今作は、とにかく若い世代にもウケがいい。Twitterでは、ハッシュタグ「#真田丸」をつけて、番組の感想&分析だけでなく、大泉洋の“顔芸”を楽しむなど新たな楽しみも派生し、ネット民の心をもがっちりつかんでいるようだ。

そうなると、よりくわしく知りたくなるというもの。そんな人々に朗報だ。東京都江戸東京博物館では、2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」が6月19日(日)まで開催されている。この展覧会は、真田信繁(幸村)の名を知らしめた「大坂の陣」をc中心に、プロローグとエピローグを加えた全7章で、その生涯を描く。


【真田信繁(幸村)画像 江戸時代 高野山 蓮華定院 蔵】

入口をくぐると、まず目に入ってくるのは信繁画像の祖本とも言われる江戸時代の「真田信繁画像」や、信繁所用の頭形兜や馬具。


【頭形兜(真田信繁所用)江戸時代 高野山 蓮華定院 蔵】

ファンには垂涎ものだが、こんなものじゃない。足を進めると「上田合戦」や「関ヶ原合戦」における真田の貴重な資料が惜しげもなく展開される。


【関ヶ原合戦図屏風 重要文化財 桃山時代 大阪歴史博物館 蔵】
(※右隻 5月22日まで/左隻 5月24日~6月19日まで)

特に注目したいのが第3章の「関ヶ原合戦絵巻」だ。これは、多数ある関ヶ原の合戦を描いたもののなかでも、真田について多く場面を割いてあり、ひとつひとつの場面が時系列で、目近に見ることができる。開催者側も5メートルほどの特注ケースを用意するなど、力の入れようもすごい。

さて、どんどん進んでいくと、ついに登場するのが第5章「大坂の陣」の資料だ。突然開けた空間に出現する、「冬の陣・夏の陣」の配陣図は迫力のひと言。

第5章は、他の章の3倍もあり、最新の研究成果で判明した「大坂の陣」の地形を高低で表現した模型もある。最後の戦いに挑む信繁の覚悟と息づかいがこちらまで伝わってくるようだ。

とにかく見どころ満点、レポートではすべてを伝えきれない「真田丸」東京展。熱心なドラマ視聴者は当たり前、歴史好きにも見逃せない内容だ。もちろん最後には、「真田丸」に関連するおみやげコーナーもあるぞ。

<関連サイト>
小林幸子や中村獅童も参戦の濃厚すぎる「ニコニコ超会議」が今年も開幕
http://www.entameplex.com/archives/28805

「2016年サンリオキャラクター大賞」中間順位発表! 昨年1位のポムポムプリンを捲ったのは……
http://www.entameplex.com/archives/29045

あなたもオリンピックのツウに!? 過去30回の五輪をまるっとおさらいできる『こどもオリンピック新聞』とは
http://www.entameplex.com/archives/29024