Entame Plex-エンタメプレックス-

家入レオ「この時間がずっと永遠に続けばいいな……」初の全国ホールツアーが幕開け!


家入レオが17日、埼玉・三郷市文化会館 大ホールで自身初の全国ホールツアー『5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~』をスタートさせた。

本ツアーは、7月6日に発売したニューアルバム「WE」を引っ提げ、3ヶ月にわたり自己最多となる全20公演を行う。自身5度目となる本ツアーにつけたサブタイトル“WE|ME”には、1stアルバム「LEO」の“僕・わたし(ME)”から、最新シングル「僕たちの未来」とアルバム「WE」の“僕たち・私たち(WE)”への変化の中で、“過去の自分も大切にしながらも今伝えたいことを表現する”という思いが込められている。

ステージに家入が登場し大きな拍手と歓声に包まれライブはスタート。現在もロングヒットを記録中の映画『ペット』のイメージソング「Brand New Tomorrow」で幕を開ける。そして、「『家入レオ 5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~』へようこそー! 会いたかったー! 自己最多の20公演、今日この三郷から12月の東京国際フォーラムまでまわっていきますが、まずはこうして無事に初日を迎えられたこと、嬉しく思います。ありがとう! 来てくれたみんなと最高に楽しい時間を一緒に過ごしていきたいと思います! 最後までよろしくー!」と笑顔で話し、続いて「君がくれた夏」「Silly」を切なくしっとりと歌い、1,200人満員御礼の会場を魅了した。

その後も「みんなアルバム「WE」聴いてきてくれましたかー?! 今回のアルバムはタイトル通り、スタッフさんやアレンジャーさん、ミュージシャンの方々、何よりも会場に来てくれているみんなから色んなエッセンスをもらって作った1枚です。みんながいてくれたから作れたアルバムなのでこのタイトルにしました。今日はそんなアルバムに込めた思いをたくさん持って帰ってもらえたらと思います」と話すと、アルバム「WE」収録楽曲を中心に披露、タイトルチューンである「we」ではウーリッツアーの弾き語りを初披露すると、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。後半には、「サブリナ」「Shine」など、飛んだり跳ねたり走ったりと自由で開放的なパフォーマンスで観客を一気に煽り、会場のボルテージは最高潮に。本編最後は「この時間がずっと永遠に続けばいいなと思うんですけれども、次が最後の曲です。今、抱えている痛みとか、苦しみとか人生で絶対意味のないことなんてない。いつか絶対輝く日々につながっていく、そう信じてこの曲を届けたいと思います」と話すとアルバム「WE」でもラストに収録されている「Every Single Day」を力強く歌い上げ、アンコールを含め約110分にわたる初日公演は大盛況で幕を閉じた。

また、今回のツアー各会場ではアルバム「WE」のツアー会場限定盤が発売されている。LPサイズジャケット仕様で、スペシャルフォトを掲載したLPサイズのブックレットを封入した特別パッケージとなっている。

Photo by 田中聖太郎

<関連サイト>
家入レオ、本来の自分の姿をありのままに表現した意欲作『WE』について語る
http://www.entameplex.com/archives/30180

山﨑賢人、最新撮り下ろし! 魅力満載の2017年カレンダー発売決定
http://www.entameplex.com/archives/31702

深キョン、石原さとみに次ぐ“PURE GIRL”誕生の瞬間を完全生中継!
http://www.entameplex.com/archives/31718