Entame Plex-エンタメプレックス-

森脇健児陸上部リレーマラソンが念願叶い東京上陸!


「東京マラソン」で盛り上がる東京に、また1つ新たなマラソン大会「森脇健児陸上部 リレーマラソン2017」がお目見えする。3月11(土)江東区夢の島陸上競技場で行われる同イベントには、テレビ番組「オールスター感謝祭」(TBS系)などで、激走を見せる“走る男”こと森脇健児が登場! 彼の熱い激励、彼が率いる「森脇健児陸上部」メンバーたちによるお楽しみコーナーなど、マラソンをより楽しめる企画が盛りだくさんとなっており、従来のマラソン大会とはひと味違う走りを楽しむことができる。

種目は、親子がペアで走る「親子マラソン」、ひとりでも気軽に楽しめる「個人5km」、仲間とたすきをつなぐ「リレーマラソン」。さまざまなマラソン大会をを経験した人も、マラソン初心者の人も楽しめる、新たなマラソンイベントに注目!

今回、念願の東京でのリレーマラソンイベント開催決定を受けて森脇からの熱いコメントも到着!

――森脇さんからみて、マラソン大会の良さとは?

「来てる人がみんな良い人なんですよ。楽しもうと思って走ってる人たちが集まって、すごくいい空気なんです。それがまたすごく楽しい。これをぜひみなさんにも一度味わってほしいですね。マラソン大会って、応援してくれる人がいて、ボランティアさんがサポートしてくれて、一緒に走ってる人がいてって、そういう空間だから頑張れるんですよね。これが何も無い道で、誰もいなかったら辛いですよ~。めちゃめちゃ長く感じる。全然知らない人たちと楽しめるのが何より良いんです。今回は親子マラソンもありますよね。親子でタレントを見に来てくれるのもいいし、お父さん、お母さんが子どもと走れるのなんて、期間限定ですからね。小学校高学年になっちゃったら、一緒に走ってくれないですよ(笑)」

――初心者の方へのおすすめの走り方は?

「今、マラソンブームですから、いきなりハーフとかフルで走る人も多いんですが、結構大変なんですよね。なので、まずはこういうみんなで楽しめるイベントに参加していただいて、この空気を味わってほしいです。ファッションから始めてみても良いし、友人同士で練習してみるとか、その次は個人で5km、10km、最終的にフルマラソンを目標にするというのが良いんじゃないでしょうか」

――森脇さんにとって1人で走るときと、リレーマラソン、それぞれの醍醐味は?

「1人のときは自分との戦いなので、ライバル作って走ったりするんですよ。“今日この人ライバルにしよう”“スパートかけたらついてくるかな”とかね。こういう駆け引きが陸上競技としての面白さですね。リレーマラソンは楽しくやりますけど、イベントとか番組でちゃんとやるときは作戦を練ります。メンバーのタイムを見ながら、前半型で行くのか後半型で行くのかとか、そういうのが楽しかったりするんですよね。また、終わってから“お前あそこダメやったな”っていう話をつまみに酒を飲むとか、楽しいですよね。気分が高揚してるから酒がうまいんです(笑)。ありがたい話、年間20本くらいゲストランナーとして走らせてもらってるんですが、これからリレーマラソンって流行ってくると思うんです。間違いなくリレーマラソンの流れがくると思いますので、今後、特にオススメしたいですね」

――2013年に京都で開催したリレーマラソンイベントはどうでしたか?

「あれは面白かったですねえ。まるでお祭りのようでした。お祭り感のあるレースと、競技感のあるレースと、いろいろありますが、僕らが今回のイベントで目指すのもお祭りです。参加した人に“おもしろかったな”って思ってもらわないと。それが僕らの職業ですから。今回やっと東京で開催できるという思いなんです。東京で応援してくれてる人も実は結構いて。3月1日には、新宿角座という劇場で『走る男』のイベントをするんです。お客さんはランナーだらけだと思いますよ(笑)」

――「オールスター感謝祭」を見て、森脇さんと一緒に走りたいと思っている人もいると思います。特に前回の赤坂5丁目マラソンでは、ドラマチックな展開になりましたが、感想は?

「ああやって若手の方々が出てきてくれたっていうのはすごく良かったですね、土屋太鳳さん、森渉くん、ハリー杉山くんとか。僕1人が頑張っても面白くなくて、あれに賭けてるっていうタレントさんが増えてきて、みんなで真剣にぶつかって盛り上がって。だから面白いんですよね。テレビ観てる人にも、その空気は伝わったと思います」

――松竹の後輩芸人さんたちもイベントに参加しますが、みなさんのやる気はいかがですか?

「安田大サーカスの団長とかおねだり豊くんとか、ありがたいことに、僕を見て“ちゃんとやらないといけない”って思ってるのが伝わってきていて、ちゃんと練習してるんです。彼らの仕上がりはイベントに来てくれた人にも伝わると思います。オジンオズボーンの篠宮くんはあまりやってないでしょうね(笑)。それでも最初からついてきてくれてるからありがたい」

――今回のイベントに向けて意気込みとメッセージをお願いします。

「体もしっかり仕上げて、ガチンコで走りますよ。走ることって何が楽しいのって思ってる方もいっぱいいると思いますが、
ここに来たら、走る楽しさをちょっとでも感じてもらえるんじゃないかと思うんです。走った後に得られる爽快感、快感、達成感は、なかなか非日常のもので、みんなで同じ空気の中で汗をかいてみてほしいです。今後、継続して開催したいと思ってますので、ぜひみなさん参加してみてください。皆さんのご参加、お待ちしてます!」

<関連サイト>
平野ノラが“平野千秋”から改名した理由とは?
http://www.entameplex.com/archives/34516

あの“はっぱ隊”の「YATTA!」をアイドルがカバー
http://www.entameplex.com/archives/34094

三代目JSB 登坂広臣「僕らの全てが収録」ベスト盤発売!
http://www.entameplex.com/archives/34523