Entame Plex-エンタメプレックス-

関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』キャスト陣一挙発表


『とと姉ちゃん』の脚本を手がけ、『小野寺の弟・小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史監督の第2作目となる映画『泥棒役者』が、丸山隆平(関ジャニ∞)を主演に迎え11月に全国公開となる本作のキャストが明らかになった。

映画単独初主演となる丸山とともに、“だまし・だまされ”の一大喜劇を繰り広げる超豪華キャストたち。元泥棒の大貫はじめ役を演じる丸山は、関ジャニ∞のメンバーとして活躍する一方、2011年の舞台『ギルバート・グレイプ』での初主演を皮切りに、TVドラマ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、『地獄先生ぬ~べ~』、シェイクスピアの舞台『マクベス』などで主演。待望の映画単独初主演となる本作では、とある豪邸で出会う人から「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と間違われ、「泥棒」であることを隠すためにその「役」を必死に演じるハメになる元泥棒役を演じる。

豪邸の主人で絵本作家の前園俊太郎役には、日本を代表するベテラン俳優の市村正親。1973年に劇団四季「イエス・キリスト=スーパースター」でデビュー。以後、ミュージカル、ストレートプレイ、一人芝居など様々な舞台をはじめ、映画やドラマなど幅広く活躍する市村。「こんな役は初めて」と自身が語るほどコミカルに演じる。

セールスマンの轟良介役には、個性派俳優として多数の映画・ドラマ等で観客を魅了するユースケ・サンタマリア。本作では、前園(市村)宅で、はじめ(丸山)たちと出会い、油絵の教材セットを必死に売り込む訪問セールスマンを演じる。

編集者の奥江里子役には、映画、ドラマ等で多彩な魅力を発揮する石橋杏奈。第31回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを受賞、「失踪HOLIDAY」、映画「きみの友だち」に主演しデビュー。NHK「LIFE~人生に捧げるコント~」ではコメディエンヌとしての才能も開花。本作では、次第に自分のアイデンティティを確立していく、絵本作家・前園の担当編集者役を演じる。

はじめの知り合いで現役の泥棒・畠山則男役には、お笑い芸人で俳優としても活躍する宮川大輔。レギュラーを務める「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)での体を張った企画などで老若男女に高い人気を博す一方、俳優としても数多くの映画、ドラマ、舞台に出演。本作では、泥棒の足を洗ったはじめを無理やり誘い、前園家に金目当てで侵入する泥棒役に。

はじめの恋人・藤岡美沙役には、高畑充希。昨年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主演で大ブレイクを果たし、以降も映画「アズミ・ハルコは行方不明」等に出演、「ひるね姫~知らないワタシの物語~」では声優も務め、2017年度第40回日本アカデミー賞新人賞を受賞することが決定。本作では、元泥棒という経歴をもつはじめを優しく見守る恋人の美沙を演じる。

前園家の隣に住むユーチューバー高梨仁には、多彩な魅力を放つ片桐仁。コメディアンとして活動する一方、俳優としても数多くのドラマ、舞台、映画に出演。昨年放映されたドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」(TBS系)での個性際立つ演技とキャラクターも大人気となった。本作では、前園家の隣に住み、いつも前園家にクレームを言いに行くユーチューバー高梨に扮する。

奥の上司の編集長・米村真由美役には、「真田丸」(NHK)等での存在感が際立つ峯村リエ。ナイロン100℃結成時からのメンバーで、ナイロン100℃での活動と平行して、数々の映画、舞台、ドラマに出演。昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」大蔵卿局役が大きな反響を得る。その反響を受けるかたちで、本作でも仕事に厳しい編集長で、奥の上司役に!

西田監督にとって2作目となる本作は、2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を、自身が映画用にリライトし監督をするオリジナル作品。脚本を手がけたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年度前期)では、通期視聴率が22.8%となり、今世紀第3位の記録を樹立するなど、お茶の間にも多くのファンを獲得した西田監督の新たなるステージがスタートする。

映画『泥棒役者』は11月、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

©2017「泥棒役者」製作委員会

<関連サイト>
秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演
http://www.entameplex.com/archives/34858

ももクロ、年越しライブ2016完全版の放送決定!
http://www.entameplex.com/archives/34889

ムロツヨシ演じる小池刑事がHulu主演で大暴走!?
http://www.entameplex.com/archives/34880