Entame Plex-エンタメプレックス-

福士蒼汰「今までにない表情が撮れた」


俳優の福士蒼汰が25日、都内にて「福士蒼汰カレンダー2017.04-2018.03」の発売記念イベントを開催した。

4月はじまり卓上カレンダー第4弾となる今作では、日本を飛び出して福士にとっては初めて訪れる地・台湾にて、ロケを敢行。魅力に満ちた島・台湾を旅し、風光明媚な町と自然、ドラマティックなシチュエーションの中で、時にシリアスに、映画の1シーンのような表情を、時に素顔に戻って旅を楽しむ等身大の姿を映し出している。今作も前作に引き続き、写真と日付部分がセパレートされているので、気分や季節に合わせて、自分の好きな写真を飾ることができる。

また、このカレンダーのほか、「福士蒼汰ポストカードブック」も2月23日に同時発売しており、カレンダーに未収録の衣服も含む、全16枚のポストカードがブックスタイルで綴じられており、ミニフォトブックとしてながめることも、切り取ってポストカードとして使用することも可能となっている。

今回のカレンダーとポストカードの見どころについて、福士は「初の海外ロケ、台湾に行ってきたというのが一番です。リラックスした表情、今までにない表情が撮れたと思います」と笑顔でコメント。

「カレンダーは今回も、(写真と日付部分が)セパレートされているので、見る人のお好きな組み合わせで使ってもらえれば嬉しいです。また今回は、ポストカードという新しい試みにも取り組みました。ブックスタイルになっているので、これを持って台湾の町を歩いてもらってもいいですね」とアピールした。

2泊3日の台湾ロケで印象に残ったエピソードとしては、「台湾料理。とにかく食事がおいしかったです。屋台にも行きました。食事だけでなく、人が優しいという印象も受けました」と振り返った。

「台湾では足つぼマッサージにも行きました。一緒に行ったスタッフさん達は皆さん痛がってましたが、自分は痛くはなかったですね」と余裕の発言も。続けて、「今回の海外ロケは男性のスタッフさんが多かったので、男子学生の修学旅行のような感じで楽しかったです」とチームワークの良さが伝わってくるようなエピソードも披露してくれた。

お気に入りのページとして、カレンダーは夜市(よいち)を颯爽と歩くショット、ポストカードは九份(きゅうふん)の夜景を背景としたバックショットを選び「台湾と言えば、夜市と九份」夜市のショットは“キメている”というより、自然な表情がうまく撮れました。九份は撮影時、雨が降ったんですが、そう感じさせない綺麗な写真に仕上がっています」と教えてくれた。

<関連サイト>
大川藍「私はこっち(胸)で勝負します!」
http://www.entameplex.com/archives/35001

橋本奈々未がセンターを断った理由
http://www.entameplex.com/archives/34974

秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演
http://www.entameplex.com/archives/34858