Entame Plex-エンタメプレックス-

山﨑賢人「みんなを引っ張りたい」主演舞台に意気込み


山﨑賢人が2014年に初舞台・主演を飾った『里見八犬伝』が再び山﨑の主演で4月15日(土)より上演される。

スペクタクル時代劇『里見八犬伝』は4月15日(土)館山市・南総文化ホールを皮切りに、4月18日(火)~24日(月)東京・文京シビックホールはじめ、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台・東京凱旋、全国12都市にて上演される。

知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマを、時代物の舞台作品に抜群の腕を振るう鈴木哲也が既存の物語設定をもとに書き下ろし、映画監督、故・深作欣二の代表作でもある当作品を、息子の深作健太が舞台版として演出。

対決、変幻、忠義と裏切り、恋と友情など…、様々な要素が散りばめられた人間ドラマをベースに、活劇的娯楽性も盛り込まれ、ドラマティックで胸を打つ、魅惑のアクションエンターテインメントに仕上がっている。

2年4ヶ月ぶりの上演となる今回は、2014年版で初舞台にして主演を飾り、迫真の演技で大絶賛を浴びた山﨑が熱い要望に応え、再び主演の犬塚信乃に挑む。

注目の八犬士には、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史という勢いのあるメンバーが大集結!

さらに青野楓や栗山航など若手注目株の俳優や、松田賢二や比嘉愛未など実力派俳優たちも参戦し、大迫力のアクションも胸を打つドラマ性もますますグレードアップした『里見八犬伝』に。

山﨑は本作について、「2年半ぶりの『里見八犬伝』です。前回とは違う信乃を演じたいと思っています。改めて台本を読んでみて、前回理解しきれていなかっところもやっと理解できて、もっとこうしたいと思えるようになってきました。より信乃という役を掘り下げていけた気がしているのでそこを観て欲しいです。前回も今回も経験豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので支えられながら、でも自分自身はしっかりと信乃を演じることで、みんなを引っ張っていきたいです。舞台里見八犬伝、全力でみなさまに伝えられるように頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください。よろしくお願いします」とコメントしている。

撮影:阿部章仁

<関連サイト>
鉄拳、浅田真央の演技から着想を得たパラパラ漫画を公開
http://www.entameplex.com/archives/35994

指原莉乃、男性のタイプは「いつも家にいるヒモがいい」
http://www.entameplex.com/archives/36017

菊地亜美はマスク美人!? 一方、野呂佳代は……
http://www.entameplex.com/archives/36001