Entame Plex-エンタメプレックス-

乃木坂46、アンダーライブ3daysで完全燃焼


4月20日から22日まで東京・東京体育館にて開催された「乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」が、完全燃焼で幕を閉じた。

各公演8,000人を動員した本ライブは、3日間で全4公演、述べ32,000人を動員した。

初日のオープニングでは、満員となった会場に感極まり、最初から涙が止まらない渡辺みり愛。
「今回のアンダーメンバーは、乃木坂46史上最少人数の12名で、最弱とも言われる中、この日の為にメンバー一丸となって頑張ってきました。今回のアンダーのセンターとしても引っ張っていきたいと思います!」と力強いMCを披露。

乃木坂46の製品化された楽曲の中で、アンダーメンバーが歌唱するいわゆる“アンダー楽曲”を中心に構成された当公演だが、「ファンタスティック3」というコーナーでは、毎公演3名のメンバーに焦点をあて、その3名がセンターを務めるシングル表題曲を披露し、観客はさらにヒートアップした。

「一生懸命に練習した」と渡辺の前置きがあり、本編ラストでは、現在大ヒット中の最新シングル「インフルエンサー」のアンダーメンバーVerで本編終了。

そしてアンコールのラストでは、17thシングル「インフルエンサー」のカップリング曲で、今回のアンダーメンバー12名が歌唱している「風船は生きている」を披露した。

そして、4月22日夜に行なわれた最終公演では、乃木坂46にかけて4,600個の風船が振り落とされ、さらにダブルアンコールでは「ダンケシェーン」を熱唱して終了すると思いきや、会場内大盛況によりトリプルアンコール「ガールズルール」を披露して、アンダーライブは幕を閉じた。

メンバーの伊藤かりんは、「私は一度も選抜メンバーに選ばれた事がなく、またアンダーメンバーのフォーメーションでも後列(三列目)が多い中、自分を信じて活動してきました。今の乃木坂46は個人で活動できる場も増え、アンダーメンバーであっても活躍出来る場がたくさんある事を実感していて、続けてきて本当に良かったです」と涙ながらにコメント。

秋元康が総合プロデュースする48グループや坂道シリーズの46グループは、毎シングルごとに選抜とアンダーに区分けされる特殊なアイドルグループとあって、複雑な想いを背に自分を信じて邁進するアンダーメンバーの姿に、誰しもが心を打たれ、そしてドラマ続きの3日間であった。

<関連サイト>
磯山さやかのパイスラにおぎやはぎ興奮「さわりた~い」
http://www.entameplex.com/archives/36133

波瑠「がむしゃらに恋をしてボロボロになるつもり」
http://www.entameplex.com/archives/36124

ノンスタ石田、相方井上の謹慎中の様子を大暴露!
http://www.entameplex.com/archives/36094