Entame Plex-エンタメプレックス-

明石家さんまの月収は? 井上公造がギャラ明かす


芸能界のウワサ好きの若者たちが、井上公造率いる芸能リポーター軍団に、気になったゴシップの真相を聞き出す芸能ニュース番組「ゴシップジェネレーション」。5月8日の放送では、モデルの小澤しぇいん、タレントの鮭山未菜美、そして「男子高生ミスターコン2016」準グランプリの那須泰斗がゲスト出演。

「ギリギリクエスチョン」コーナーで、那須は知りたいこととして「明石家さんまの年収と月収」をピックアップ。井上は、「吉本興業のトップ、月収1億は超えているのではないかと思います。今テレビのギャラが下がっていることなどを考えても、今どう考えても月収7、8000万円はある。だってもう超トップだからね。さんまさんだったら、(ギャラは)吉本興業から自分のもっているオフィスを通すようにしているので、手元にはそんなに入らないですよ。でもどれくらい稼いでいるかっていったら、そのクラスの人は月収7、8000万円…月収5000万以上はないと。さんまさんは超トップなわけで」と独自の予測と、その根拠を解説。

また、俳優のギャラについては、「最初は安いよ。5万円とか。(今勢いのある)菅田将暉は7、80万から120くらいの間じゃないかなと、あくまで予想ですが。ドラマのギャラ? ドラマっていったら大体10話くらいやりますよね、そこそこ名のある脇役の人で1話30万円とか。役どころによるけど、主演だと人によっては200万とか」と話した。

ゲストから「井上公造さんの月収は?」と質問があると、言わないといけない雰囲気に、腹をくくった井上は「オレ、サラリーマンだもん。会社から月給でもらっているから。バブルの頃って、一つの番組で(出演タレントのギャラが)200万円超えていました。そういう時代もあったけど、僕らのギャラって文化人に近いから…。タレントさんだったら、若い女の子でも15万円とかもらうんですよ。僕らはとても……。何万円か、もらえても10万円ですよ。ただ、普通のサラリーマンの人よりは正直もらっている」と回答した。

©AbemaTV

<関連サイト>
YOSHIKIがロスで緊急手術へ、各公演は術後の経過次第
http://www.entameplex.com/archives/36506

矢口真里「すごい劣化した」年齢の話で苦笑い
http://www.entameplex.com/archives/36496

今野杏南が鬼ギレ「すぐにヤれそうと思うな!」
http://www.entameplex.com/archives/36449