Entame Plex-エンタメプレックス-

三四郎・小宮、浮気性の女から“ゲオ東中野店”扱い


2月20日、AbemaTVで『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。
同番組は、タレントの指原莉乃と、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した、普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく女性のための恋の教科書番組。

この日はゲストにお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信、相田周二を迎え、“エロメン”の東惣介、ベーシストのITARU、パリピ芸人のタッツィーネ、芸人の高橋洋平、ホストのひょうごっちべいべーなど、個性的な総勢10名のサイテー男が出演。今回は、サイテー男が語る「恋愛の終わりSP」ということで、サイテー男に、恋愛や男女関係の終わりについて質問した。

テーマ「フラれた話」では、三四郎の小宮は「そういうつもりじゃない」とフリップに書き、「7年前ぐらいですかね。僕はモテないので、しょうがないと思って、連絡先をくれた出待ちのファンの人と居酒屋に飲みに行った。(相手が)『ずっとファンで、面白いしカッコいいと思います!』って言ってくれていて、それから2~3時間飲んで、『ホテルに行こう』って向かったら、入る直前で『私、そういうつもりじゃないから』って言われた。僕はとっさに『いやいや、ファンでしょ!』って、(林修の)『今でしょ!』みたいな名言を返した」と説明。

それを聞いた指原は大爆笑してしまい、断られたことが依然として腑に落ちない小宮は「何で? ファンでしょ!」と、スタジオで何度も繰り返していた。

すると突然、パリピ芸人のタッツィーネが「10年前に、僕の前の彼女を(小宮に)取られていますからね。会ったことはなかったけど、小宮浩信という名前は、僕の頭に刻まれている」と暴露。タッツィーネを前にした小宮は「めちゃくちゃ怖かったんですよ。今日、ボコられるのかなと思って…」と発言し、笑いを誘った。

続いてのテーマ「恋が冷めた瞬間」では、サイテー男に、大好きだったのに、○○な言動や仕草で冷めてしまった瞬間を聞いた。三四郎の小宮が、浮気性の彼女と付き合っていた頃に、彼女の携帯に自分の名前が“ゲオ東中野店”で登録されていたというエピソードから、スタジオでは“浮気”の話題に発展。

ベーシストのITARUも「浮気をしている女の子は、着信があってもバレないように、パパ、お父さん、お母さんとか(浮気相手の名前を)身内の名前にしておく」と話し、小杉も「もっと本格的に逃げ切らないと。僕は、全く無音の“諸行無常”着信音をダウンロードして、女の子は全員無音で、ライトも光らない設定にしている。全く無音の携帯に仕上げる」と自ら打ち明けた。

続いて「ティッシュの枚数」と発表したパリピ芸人のタッツィーネは、「ベッドを共にしてコトが終わった後に、ティッシュを使うじゃないですか? 僕は、平常は2~3枚くらいだと思うんです。でも、10枚くらい(平気で)ティッシュを取り出す女性を見ると、『この人は物を大切にしない』って分かる」と話し、これを聞いた指原はたまらず大爆笑。「じゃあ、何枚だったらいいんですか?」と聞き返し、「2~3枚です!」と言われると、「2~3枚か…」と呟き、タッツィーネの意見を参考にしている様子だった。

©AbemaTV

<関連サイト>
東野幸治の止まらない“西野イジリ”に「神回決定」の声
http://www.entameplex.com/archives/41662

クロちゃんのライブでの行動にアイドルらドン引き
http://www.entameplex.com/archives/41683

カンニング竹山、“ネットニュース”記者に直球質問!
http://www.entameplex.com/archives/41709