Entame Plex-エンタメプレックス-

チームしゃちほこ「不思議なのは…」私服がダサいのは?


2月28日、AbemaTVで『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送された。
同番組は、タレントの矢口真里とお笑い芸人の元巨匠・岡野陽一が、毎回変わる個性豊かなアイドルたちをゲストに迎え、様々なトークテーマでアイドルたちに切り込んでいく番組。

この日はアイドルグループ・チームしゃちほこの秋本帆華、咲良菜緒がスタジオゲストに登場。“リーマンショック以降、元気が無くなった名古屋を盛り上げるためのグループ”というコンセプトのもと、名古屋を活動拠点する秋元と咲良は、これだけ人気があるにもかかわらず私服で道を歩いていたら全く気付かれないようで、道でファンの方と偶然会ったのに気づかれなかったと話す咲良に対し、秋元が「(咲良の)私服は真っ黒とか、帽子深くかぶったりかっこいい感じで、しゃちの中でもファッションリーダー的な存在」と咲良の私服を語ると、咲良は、秋元の私服を正統派のキレイ目な服装と説明をするのに「お天気お姉さんみたいな感じ」と例え、スタジオの笑いを誘った。

矢口が「メンバーで1番私服がダサい子って誰?」と質問すると、2人は「不思議なのはむらさきパープル」と大黒柚姫の名前を挙げ、「中学生の時、レッスンで集まった時に真っ赤でチャイナドレスみたいなスリットが入って、後ろにスパンコールのドクロが付いているワンピースを着てきた。それで事務所にも来る」と大黒の私服を説明。秋元が、「スターダストプロモーションに所属をしているのが、女優の北川景子さんや、柴咲コウさんなど、清楚な方が多いのでその中でその格好して事務所に来ると『事務所のイメージと違う』とマネージャーに言われていた」と、説明すると矢口と岡野は「厳しいね、そこまでプロデュースされるんだ」と驚きを見せた。

秋元の特徴的な声を聴いた岡野が、「声優とかやってないんですか?」と質問すると秋元は、映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬』の主題歌をチームしゃちほこが担当したときに、映画に登場する“ウナギイヌ”を演じたことを明かし、スタジオを驚かせた。

さらに秋元は「自分が“ウナギイヌ”の声をやることをネットニュースで知ったんです」と語り、ネットニュースを見ていたら“チームしゃちほこ・秋元、ウナギイヌの声”という記事を見つけてしまい、その後にドッキリで知らされたものの、既に知ってしまっていたことを明かした。

そして、ROCKやヘビメタが大好きで、自分たちのライブではお客さんに水をかけたり、好きなアーティストのライブでは“モッシュ”もすると語る咲良について、秋元が「出演したROCKフェスで、みんなで打ち合わせとかしたいのにいつも1人だけいないんですよ」と、すぐに他のアーティストのライブを観に行ってしまう事を明かした。すると咲良は、「だから私の見張り番みたいなスタッフさんがいるんですよ」と語り、いつも自由に外出してしまうため、咲良専属のスタッフが付き、危険なことがないかを見張られていることを説明し、スタジオに笑いを起こした。秋元と咲良から様々なトークを聞いた矢口は終始「かわいい」と大絶賛した。

©AbemaTV

<関連サイト>
極楽とんぼ山本、40代最後のガチ告白をするも玉砕!
http://www.entameplex.com/archives/41799

「私じゃダメだ」矢口真里、DT男子にやんわりお断り
http://www.entameplex.com/archives/41728

おのののかが泣いて帰った男性の心無いひと言とは?
http://www.entameplex.com/archives/41703