Entame Plex-エンタメプレックス-

関口メンディー「実感なかった」デビュー当時を振り返る


3月4日、AbemaTVで『GENERATIONS高校TV』が放送された。
同番組は、ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、日本中の高校を訪問し学生たちを応援する青春バラエティ番組。アーティストや役者として注目を集めるメンバーが、学生たちとリアルな学校生活を体験し、同番組でしか見ることができないメンバーの新たな魅力を堪能できる。

この日は、デビュー5周年を迎えたGENERATIONSが、デビューイベントを行った神奈川・ラゾーナ川崎プラザで凱旋サプライズライブの様子を放送した。

当日の朝、所属事務所であるLDHに集まったメンバーは、“祝デビュー5周年! 感謝感謝の恩返しサプライズSP”と題し、GENERATIONSの出発点となったラゾーナ川崎でサプライズライブを行うことを発表した。メンバーの小森隼は「今年は僕らもドームツアーにチャレンジするので、初心を思い出して原点回帰したい」と意気込みを語り、他のメンバーも「どれくらいの人が集まるかな?」と、少し不安そうな表情を見せつつも、楽しみな様子を見せた。

そして、午前中海ほたるパーキングエリアで行った“指さされ選手権”の収録を終えたメンバーは、移動中のロケバスの中からサプライズライブの情報解禁をすることに。自分たちのSNSを使って思い思いの告知を発信するメンバー。1番最初にツイートを行った佐野玲於は、発信してからすぐに「1000いいねきましたよ」と報告するも、そのあとすぐに「やばい、俺早速叩かれてる。『行けるわけないやろボケ』ってきた」と話し、「そんなこと言わないで」と、遠方のファンの方を気遣う様子を見せた。

その後も、メンバーは夕方まで“GENE高かくれんぼ”の収録を行い、いよいよラゾーナ川崎プラザに向かう車中、メンバーはこの5年間の振り返りトークを行い、小森の「5年経って、周りが変わったりします?」という質問に、片寄涼太は「あの頃に比べて、まだまだだとは思うけどたくさんの方に知ってもらえている」と話し、「デビューって漠然としていて実感がなかった」と答えると、関口メンディーも「うん、あんまり実感なかった」と当時の様子を振り返った。

ラゾーナ川崎プラザに到着したメンバーは、携帯電話を使い今の会場の様子を見てみることに。すると、そこにはたくさんの観客の姿が映っており、1階だけでなく2階や3階にも当日昼過ぎの告知にも関わらずたくさんの方がメンバーを一目見ようと集まっていた。これを見たメンバーは「やばい! すごいじゃん!」「見たことない景色」と大興奮の様子を見せた。会場横のテントに移動したメンバーは、「約5年ぶりのラゾーナ楽しみましょう」という白濱亜嵐の掛け声のもと、円陣を組み気持ちを1つにいざステージへ向かった。

ステージにメンバーが登場すると、会場には割れんばかりの歓声が起こり、その様子を見た白濱は「約5年前ここでデビューして、感慨深いものがありますね。あの時みていた景色とはまた全然違いますね」と語り、関口も、「これからのGENEの歴史にみなさんがいてくれればいいな」と、集まってくれたお客さんに感謝の思いを伝えた。しかし、ここからというところで、あまりの人の多さに警備を整えるため、メンバーは1度ステージ横のテントに戻ることに。

その間もメンバーは「5年前にはなかったことだね」「俺らこんな景色をラゾーナで見れるんだね」と改めてこの5年間の歩みを振り返り、今日を迎えられた嬉しさを感じていた。「1曲でも(踊りたい)」というメンバーの願いと、パフォーマンスを見たいと思うたくさんのファンの思いが届き、なんとかイベントを再開することに成功。再度ステージに登場したメンバーは1回限りのスペシャルライブを披露した。

イベント終了後、片寄は「たくさんの方に来ていただいて本当にありがたい限りだなと思ったし、大盛況だった」と振り返り、佐野も「『GENE高』がなかったら実現しえなかったこと。原点回帰じゃないけど、士気が高まった」と語り“デビュー5周年感謝の恩返しSP”を締めくくった。

©AbemaTV

<関連サイト>
ミラクルひかる“地上波NGネタ”に「さすがだね!」の声
http://www.entameplex.com/archives/41912

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
http://www.entameplex.com/archives/41915

「私じゃダメだ」矢口真里、DT男子にやんわりお断り
http://www.entameplex.com/archives/41728