Entame Plex-エンタメプレックス-

ハライチ岩井がイクメンを批判「子供を育てるのは当前」


3月23日、AbemaTVで『芸能義塾大学』が放送される。
同番組は、数多くの人気番組の司会を務めるテレビ朝日アナウンサー・大熊英司の進行のもと、弱肉強食のテレビ業界の第一線で活躍する先輩芸能人が“講師”として登場し、普段あまり明かされることがない、芸能界で生き残るためのテクニックやルールを次世代に伝授していく番組。

この日は『忖度なしで教えます!人気タレントを分析して分かった、あざといけど効果抜群!芸能界生き残り戦術BEST5』と題して、最近は忖度なしの腐り芸で話題!お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が講師として登場。生徒として参加するタレントの菊地亜美、山地まり、モデルのNiki、中川知香、元Dream5の日比美思の5人に、芸能界を生き残る戦略を伝授する。

オープニングトークでは、岩井が過去に発言した「0から1を作れない奴は、芸人ではなく“芸人風”だ」の真意について大熊が質問すると、「ネタを作るのは0から1を作ること。1から次のステップにもっていくのは、何も作っていない。創作はしていない。だから1からしか伸ばせない芸人は、“芸人風”だと思っています。例えばツッコミの人が、ツッコミという事を盾にして、あまり面白いことは言っていないのに、ボケの方に『面白いことをやれ』とか言う奴が“芸人風”」と説明。

さらに「“イクメン”も本当に意味が分からない。自分の子供を育てて“イクメン”って何? 当たり前でしょ? じゃあ何で“イクママ”とは呼ばれないんだ!」と疑問をぶつけた。

そんな岩井が、女性タレントを分析した結果、芸能界で生き残る戦術が分かったということで、今回特別に、生徒たちに伝授する。岩井は「分析した結果見えてきたのは、売れ続けるには2パターンの人間がいることに気が付いた。1つは天才的な才能とかセンスがある人間、もう1つはセンスとかは無いけど、やたら生き残る術を学んでいって、生き残っちゃっている“なんちゃって芸能人”。芸能界を生き残るための芸は、あまり必要ではないけれど、それを身に付けていった方が大成すると思う」と話した。

岩井が伝授する“芸能界生き残り戦術・第5位”は、「認知度が上がってきたら、昔の○○は封印しろ!」とあり、菊地が「分かった! 昔のグラビア? みんな昔はグラビアやっていたのに、知名度が上がってくるとグラビア時代を隠す。現に、私もこんなキャラなのに、前のDVDを使うのはNGですから。私は全然いいんですけど、事務所が『今とキャラが違うから止めてほしい』と言っていて」と回答したが、残念ながら“キャラ設定”が正解。

これに岩井は「無理やりなキャラ設定で芸能界にデビューして、スタート地点に立つじゃないですか?でもスタート地点に立つまでに、ファンは多少付いていると思う。認知度が上がってきたら、その昔のファンを捨ててでも、自分に合わないキャラ設定は捨てた方がいい! 長く続けられるキャラがあるなら良いけれど、そうではないなら、恥ずかし気もなく、どんどんキャラを作って捨てていったらいい」と力説。そんな岩井が思う、上手くキャラを捨てることに成功した芸能人とは!? その他、番組では“芸能界生き残り戦術・第4位~1位”の「家を出たら、とにかく○○をキープ!」、「SNSにアップするなら○○を使って話題になる写真を撮れ」、「収録中は誰よりも先に○○なリアクションをしろ!」、「収録中に困ったら○○に助けを求めろ!」の答えと、生き残り戦術を解説する。

©AbemaTV

<関連サイト>
女優・柳美稀、実はサブカル系ツンデレ女子だった!?
http://www.entameplex.com/archives/42080

ミラクルひかる“地上波NGネタ”に「さすがだね!」の声
http://www.entameplex.com/archives/41912

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
http://www.entameplex.com/archives/41915