Entame Plex-エンタメプレックス-

ドランクドラゴン鈴木拓に視聴者辛口コメ「炎上しろ」


4月29日、AbemaTVのレギュラー番組『リアルカイジGP(グランプリ)』が放送された。

同番組は、学生・ニート・医者・芸人など、約35,000人の応募者の中から、様々な番組オリジナルゲームに挑戦し、全てに勝利した1名が国内番組史上最高賞金額となる1億円を手にすることができる“人生逆転リアリティーショウ”。

この日の放送回では、東京予選から1週間後に行われた大阪予選の模様を放送。
予選開始を待つ挑戦者の上空に突如ヘリコプターが現れ、そのヘリコプターから無数のボールが落とされる中、挑戦者たちは戸惑う様子を見せながらも必死にボールを拾い集める。ボールを手にした人、1つも拾うことが出来なかった人、ただその様子を見守っていた人など、それぞれの判断で行動した挑戦者たちに、本番組のMCを務めるお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次は、挑戦者たちを“ボールを持っている人”“ボールを持っていない人”に分け、「ボールを持っている皆さん、失格です。今すぐお帰りください」と告げ、開始10分で200人が失格となった。

開始早々で失格となってしまった挑戦者たちは、ショックからその場で座り込んでしまう様子や、拾ってしまったボールを悔しそうに投げる様子を見せながら会場を後にした。

無事に第一関門を突破することが出来た挑戦者たちは、合コンなどでよく使われる“王様ゲーム”に挑戦することに。拾ったボールに記入された数字で王様を決定し、王様となった挑戦者はステージに上がり“勝者の条件”を提示。合格者が250人ピッタリになるまでゲームを繰り返し、定員の250人を超える条件、その場で証明できない条件、それまでに出た類似条件、王様本人にしか当てはまらない条件を言ってしまった場合は、王様が失格となってしまうというルールのもと、ゲームを遂行した。

最初の王様には、この大会に出ることをバカにした子どもを見返したく、1億円を獲得したとしても「息子たちには1円も出さない」と、固い決意を明かしたメガネをかけた男性が決定。王様から「サングラスではないメガネをかけている人」という条件が提示されると、会場内からは続々とメガネをかけた挑戦者が喜びの声を上げ、大阪予選に参戦していたお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓も「初めて目が悪くて良かったと思えた」と嬉しそうにコメント。これを観た視聴者からは「ドヤ顔」「炎上しろ」などの辛口コメントが寄せられた。

©AbemaTV

<関連サイト>
『リアルカイジGP』視聴者全員に1億円が当たるチャンス
http://www.entameplex.com/archives/42843

退院したばかりの成田童夢が“コルセット状態”で参戦!
http://www.entameplex.com/archives/42837

新婚・いしだ壱成、“1億円でタトゥー”を承諾!?
http://www.entameplex.com/archives/42602