Entame Plex-エンタメプレックス-

秋元才加がAKB48卒業を決意したきっかけの本とは?


AbemaTVのレギュラー番組『エゴサーチTV』の特別企画「ニシノ書房」が6月15日(金)夜9時から2時間にわたり放送される。

“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

この日の放送回では、“今1番本を売る男”と言われる西野が企画をした、本を売るための新たなサービス「しるし書店」に注目。「しるし書店」とは、1度読まれた本や、しるしを付けた本は“古本”となり、価値が下がってしまうと言われているが、実は自分の尊敬する人や、成功した人が読んでいた本は、定価よりも価値のあるものとして買う人が多くいるのではないか?という発想のもと生まれたサービス。

今回、『エゴサーチTV』では、特別企画「ニシノ書房」と題して、本が好きな芸能人をゲストに迎え、ゲストたちの“人生に影響を与えた本”や、“しるしを付けた本”をテーマにトークを展開する。特別企画「ニシノ書房」の出演ゲストには、元AKB48でタレントの秋元才加、著書『大家さんと僕』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎、フリーアナウンサーの馬場典子が登場。

秋元が「この本を見て、24、5歳で(AKB48の)卒業を決めたかも」と語った、まさに“人生を変えた”本や矢部の自宅にある大量の本の中から、矢部が「これは面白いですよ」と紹介した本、さらに、フリーアナウンサーの馬場が「読んで欲しい本がある」と、西野に紹介した自身の著書の話題では、これまでに大ヒット作品を世に送り出してきた西野の販売戦略も明らかに!?

読んでいる本を知ることで、ゲストの新たな一面が見えてくる特別企画「ニシノ書房」は、6月15日(金)夜9時から放送。ぜひ、お楽しみに。

©AbemaTV

<関連サイト>
クロちゃんの炎上ぶりにキンコン西野も驚愕!
http://www.entameplex.com/archives/43783

キンコン西野、同期ダイアンに「東京進出してへんやん」
http://www.entameplex.com/archives/43371

乙武洋匡、42歳で「性欲は落ち着いてきたけどモテたい」
http://www.entameplex.com/archives/43248