Entame Plex-エンタメプレックス-

モデル大石絵理、郵便配達員にムラムラ「妄想しちゃう」


7月30日、AbemaTVのレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#77が放送された。

同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日の放送回では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、モデルの大石絵理、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコ、グラビアアイドルの天木じゅんを迎えた。

今回は「猛暑だ!キャンプだ!発情期だSP」と題して、テーマ「ブスの発情期」では、出演者たちがどんな時にHをしたくなるか聞いた。すると自称“ブス”メンバーからは「街でキスを目撃した時」「胸のサイズを1発で当てられた時」「区役所で係りの人に冷たくあしらわれた時」「男子の世界陸上を観ている時」など、Hをしたくなる瞬間が明かされた。

スタジオでは、たんぽぽの川村が「心が疲弊している時とか、疲れている時に“抱かれたいな~”と思う。後、たまに手が触れた時に“ビビビッ!”って、肌感が合うというか、(相性が)分かる時がある」と明かし、スタジオが騒然となる場面も。

また自称“ブス”メンバーの芸人・斉藤あゆみは「電車に乗って座っていると、ちょうど目の高さに男性の股間があるので、つい見てしまう」と発言。これに、おぎやはぎの2人は「みんな見ているもんなんだ!? 確かに、ちょうど目の前にあるもんね」と驚き、“美人コメンテーター”の大石にも「見ちゃうもん?」と聞いてみると、「ちょっと見ちゃう」と照れながらも即答し、スタジオの自称“ブス”メンバーから拍手が沸き起こった。

続いて矢作が、大石にも“発情する瞬間”を聞いてみると、「私、郵便屋さんが家に来ると、ちょっと妄想しちゃう」と大胆発言。スタジオがざわつく中、大石は「私、家ではいつもキャミソール1枚なんですよ。その格好で出る。インターフォンで見えるじゃないですか? でもマジキモいおじさんの時は、上着をきて出ます」と続け、矢作は「もしキャミソールで出てきたらOKサインみたいな感じ?」と驚きを隠せない様子だった。

その他、大好評企画「ブスの詐欺メイク」のコーナーでは、芸能人の“真似メイク”で注目を集めるメイクアップアーティストのかじえりが、自称“ブス”メンバーの芸人・斉藤あゆみを、女優の吉岡里帆風メイクで大変身させた。

おぎやはぎの2人が「可愛い! 普通にアイドルにいてもいいぐらい」と驚いたビフォーアフターは、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
大石絵理「ブスは余裕がない」毒舌にブーイングの嵐!
http://www.entameplex.com/archives/44539

おぎやはぎ小木「ブスには(水着の)トレンドとかない」
http://www.entameplex.com/archives/44391

矢口真里、モー娘。も楽屋でHな話をする?「ご法度…」
http://www.entameplex.com/archives/44275