Entame Plex-エンタメプレックス-

生駒里奈が披露「踊ってる生駒ちゃん久しぶりに見た」


AbemaTV、メ~テレ(名古屋テレビ放送)との共同制作ドラマ『星屑リベンジャーズ』の第6話が、8月27日に放送された。

本作品は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、新川優愛演じる主人公・楠木春が全てを失いながらも“TRANSITION”という男性5人組アイドルグループをプロデュースして芸能界をのし上がっていく様子を描く“痛快サクセスストーリー”。

ダンスの振付や衣装、ステージの演出と、トランジションの再デビューイベントの準備が順調に進み、大手レーベルからCDが出せるかもしれないという状況に、大いに盛り上がる春とTRANSITIONのメンバーたち。史人(森永悠希)が新曲の作詞を担当したいと手を挙げ、今日までの葛藤や想いのすべてを詰め込むと意気込んでいるところ、渡長プロからの圧力により再デビューイベントとCD発売が中止になってしまう。
メンバーと春はショックを受けるも「僕たちは理不尽を戦うと決めたんだ」と笑顔を見せる。その帰り道、突然現れた牧野(淵上泰史)に弱音を吐いた春が牧野の腕の中で初めて涙を流す姿に「美男美女過ぎる理想のカップル!」「これは胸キュン!本当に付き合っちゃえばいいのに!」などのコメントが多数寄せられた。

たくさんあったバラエティ番組のレギュラーが全てなくなり、後がない状態に陥っていた紗英(佐野ひなこ)の元に渡長プロへの移籍を提案しにきた羽鳥(コトブキツカサ)。春を精神的に追い詰めて奈落の底に突き落とすことを移籍の条件に出された紗英は、さすがにそれはできないと断るも、じゃあ引退でもするのかと言われ何も言い返せない。そんな中、春に電話で呼び出された紗英は、今まで密かに抱いてきた春への嫉妬や憎しみなどの感情をぶつけたその夜、飛び降り自殺を図る。

一方、新曲の作詞に立候補したものの、なかなか筆がすすまない史人は、「僕も紗英さんみたいに真っ暗闇に落ちて戻って来れなくなっていたかもしれない。でも手を掴んで戻って来いって必死に引き上げてくれた人がいた」と、春やメンバーたち、そしてあかり(生駒里奈)に助けられてきたことの有難さを噛みしめていた。そして、「聴いてくれた全ての人に、転換期をもたらすことができますように。」という願いを込めて書き上げた曲「Transition」が流れると、「まじでいい曲!」「音楽配信してほしい!!」と音源化を望む声が多くあがった。

新川と生駒がショートムービーアプリ「TikTok」のTRANSITION公式アカウントで“#TRダンス”を披露。「踊ってる生駒ちゃん久しぶりに見た!」「一日中見てられる!」と、話題を呼んでいる。

<関連サイト>
『星屑リベンジャーズ』ハニートラップの新展開に反響
http://www.entameplex.com/archives/45113

新川優愛『星屑リベンジャーズ』謝罪会見シーンに反響!
http://www.entameplex.com/archives/44764

新川優愛『星屑リベンジャーズ』啖呵を切る姿に共感の声
http://www.entameplex.com/archives/44689