Entame Plex-エンタメプレックス-

バナナマン日村、グラドルお色気漫才「くそおもしろい」


11月28日、AbemaTVで『日村がゆく』が放送された。
同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組。

この日の放送回では、「第3回M-1ナメてるGP」を開催!人気お笑い賞レース『M-1グランプリ』に、芸人ではないのに挑戦して1回戦負けした人々が登場し、最も『M-1』を“ナメてる”のは誰かを決定した。
最初に、本業はグラビアアイドルというグラドルコンビ“ぽんたん”がスタジオに登場。「ポケモンGO」の“ピカチュウ”ならぬ“ビッチッチュウ”をネタにしたお色気漫才に開始早々日村は「くそおもしろい!」と大爆笑。続いて登場した、目指している役者は“菅田将暉”という役者志望の息子と、その父親による親子コンビ“カリフォルニア親子”は「地震・雷・火事・親父!」が決まり文句の漫才を披露するも、漫才の終わり方が“謎”のタイミングで退場したため、日村は倒れ込むほど笑い転げながら「何だよその終わり方!」と絶叫。

さらに、再びスタジオに登場した“カリフォルニア親子”と日村が「地震・雷・火事・親父!」のネタを一緒に披露し、スタジオが大いに盛り上がる中、普段はサラリーマンとタクシー運転手という、普通のおじさんコンビ“わくせいチョモランマ”の漫才では、日村が思わず「古いわ!」と突っ込み「(漫才が)ひどすぎるって!俺もう無理だよ」とコメントし、お手上げ状態となった。

続いて、歌舞伎町のスナックで、一緒に飲めるアイドルこと“飲みドル”として働く女性トリオ“あっちの方”や、「k-proライブ」優勝という輝かしい実績を持つ、現役AV女優とそのファンで結成した異色の漫才コンビ“峰岸ふじこ”といった個性豊かな挑戦者たちが登場し、一風変わった爆笑ネタを披露。優勝を勝ち取った“わくせいチョモランマ”に、日村が「事務所とか入られてるんですか?」と聞くと、「入っていない」と答えたことで、日村が自分のマネージャーに「この2人(ホリプロコムに)どうですか?」
と確認するも、「大丈夫です」とマネージャーが即答し、スタジオはさらなる爆笑に包まれた。

その他番組内では、『M-1グランプリ』はおろか、「M-1ナメてるGP」にすら落ちた人々が登場。グラドルとマネージャーが結成した漫才グループや素人ボディビルダーがネタを披露するも、そのクオリティの低さに、日村は思わず「つまらなさが画面から出てる!」とコメント。さらに「本当に、見てて何やってるか全くわからない(笑)!面白かったけどさ、途中から(見るのが)すごい嫌になってた!」と発言した漫才は、「Abemaビデオ」から無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
バナナマン日村、グラドルコンビのお色気漫才に太鼓判!
http://www.entameplex.com/archives/46793

バナナマン日村のローション企画「マジで腹筋が痛い」
http://www.entameplex.com/archives/46239

バナナマン日村、鼻にローション痛くない!? 検証を絶賛
http://www.entameplex.com/archives/46205