Entame Plex-エンタメプレックス-

“ハマの狂犬”黒石高大が金田朋子の舎弟に!


7月23日、AbemaTVのアニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび【火:金田朋子×木村昴】#16 黒石高大がゲストに登場!』が放送された。

「夏だ!ゲストだ!激アツサマーウィーク!」の2日目となる本放送では、俳優の黒石高大がゲストで出演し、「体を張って確かめろ!アレの限界」でヤンキー座りの限界に挑んだり、「黒石高大はシロなのか?それとも…抜き打ち薬物検査!」で薬物検査を行なったり、大人気コーナー「3人で素敵に読んであ・げ・る 官能小説朗読会」などに挑戦した。

本放送に出演した黒石は、元愚連隊の総長であり、総合格闘技「THE OUTSIDER」のリングに上がった後、現在は俳優として活躍している。“ハマの狂犬”という迫力あるキャッチコピーがついている黒石だが、木村は「番組が始まるまでちょっと怖かったけど、とても優しくて素敵な人ですね」とほっとした様子。

一方の金田はマイペースに「私はねぇ、“ハマの珍獣”って呼ばれてんだよ!」と啖呵を切り、黒石も「オスッ、姉さん!」とノリを合わせる一幕も。

放送内では火曜日の人気コーナーの特別版「3人で素敵に読んであ・げ・る 官能小説朗読会」を実施。MCの2人に黒石を加え、艶っぽい場面を朗読していった。ナレーションとタクシードライバーの役を木村、ヒロインを金田、そして黒石はヒロインの恋人である暴力団の若頭を担当。しかし、木村が珍しく悪ふざけをすると、金田も「(常に裸でいればいい、という言葉に対して)そうね、ゴリラと一緒でいいわ!」「うほっうほうほっ」と悪ノリを始める。一方、そんな“火曜日のノリ”に流されることなく、俳優魂を発揮して最後まで真面目にセリフを読み上げた黒石。

朗読が終わったあと、MCの2人から「臨場感ありましたよ!」という称賛を受け、「俺もウホホって言った
方がよかったですかね?」と冗談を飛ばしつつ、嬉しそうに頬を緩ませた。放送では他にも「体を張って確かめろ!アレの限界」のコーナーでは、黒石の「楽すぎるので、少し足を広げてみませんか?」という提案で行った負荷の高いヤンキー座りに3人とも苦戦。「駆威頭!難斗夜夢出翔?(クイズ!なんとよむでしょう?)」と題して不良風の当て字を読み解いたり、「曜日対抗!夜あそび選手権」で黒石さんが大活躍したりと、さまざまなコーナーを3人で楽しんだ。

©AbemaTV

<関連サイト>
金田朋子、ジャイアンの新たな“心の友”になる!?
http://www.entameplex.com/archives/50150

“珍獣”金田朋子、ガチ人妻熱演で“オトナ”の色気爆発
http://www.entameplex.com/archives/49295

“珍獣”金田朋子がハイテンションで大暴れ「ギョギョ」
http://www.entameplex.com/archives/47999