Entame Plex-エンタメプレックス-

江口拓也、オトナになったと思う瞬間は「家で全裸に…」


AbemaTVは、アニメLIVEチャンネルにて1月13日、『『声優と夜あそび【月:安元洋貴×江口拓也】 #39』を放送した。

「成人の日」の放送となった今回は、“オトナ”にちなんだトークや特別コーナーを行なった。オープニングトークでは、「オトナになった瞬間」について語った2人。江口は「一人暮らしして、全裸で一日過ごした時ですかね。“なにも気にしなくていいんだ。自分はいま独り暮らしをして頑張っているんだ”って思った瞬間にオトナになったと思いました」「自由を勝ち取ったって感じですかね」と思い出を振り返る。対する安元は「お金を気にせず吉野家で特盛弁当を食べられた時」と告白。

江口も「ファミレスやレストランでセットを頼んでデザートをつけられた時は、やっぱりオトナだなと思いました」と頷いた。

また、「俺たちの二十歳脳内グラフ」のコーナーでは、MCの2人が“20歳の頃にどんなことを考えていたか”をグラフ化して振り返った。安元は約50パーセントが“バイト”、25%が“ゲーム”で、残りの25%に“芝居”と“モテたい”。「昔はひたすらバイトをして、友達と集まってはゲームで遊んでいた」という安元は、「バイトが仕事になったくらい」「結局あまり変わっていない!」と笑う。一方、江口は半分近く“金無い”が占めており、残りのスペースに“おなかへった”“仕事ほしい”“バイト”“ねむい”を書き込む。事務所に所属したてだった当時はまだ仕事もなく、深夜のバイトで生活していた、という江口。「いまとあんまり変わらないじゃん!」と安元にツッコまれると、「いまは“仕事ほしい”が“仕事楽しい”に変わったくらいですね!」と話した。

コーナーの最後では、20歳の頃の自分へメッセージを送ることに。安元は「安元くん、ゲーム好きでしょ?ずっと好きでいいです。あと、昔からドラゴンクエスト好きでしょ?ずっと好きでいてください。あなた、ハッサンになれますよ。けっこう驚きです」と、声優ならではの喜びがあることを、過去の自分へ伝えた。一方の江口は「お金がないのは変わらない。変わったことは、仕事が有るか無いかだ。仕事があれば、心が豊かになる。心が豊かであれば、お金なんて要らない。大切なのは、ここ(心)だよ」とメッセージを送った。安元に「でも20歳の自分に(『刃牙』シリーズの)花山薫ですよって言えるわけじゃん」と言われると「ほんとだ!でも高い声でデビューしているので、絶対に信じないと思います」「(低い声は)研究に研究を重ねて、頑張った結果ですからね」と、20歳からの努力によって、現在の“声優・江口拓也”を作り上げてきたことを明らかにした。

©AbemaTV

<関連サイト>
下野紘と内田真礼が2020年の抱負を書初め! 福笑いで…
http://www.entameplex.com/archives/53885

クイズ対決の“しみけん無双”に浪川大輔と谷山紀章がKO
http://www.entameplex.com/archives/53873

金田朋子&木村昴、新年“おめで鯛”パーティーを開催!
http://www.entameplex.com/archives/53827