Entame Plex-エンタメプレックス-

渡辺直美、ベッドシーンに疑問「自分のクセでません?」


恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の#9が、3月21日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑さ(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦。

この日の放送では、本番組史上初となるベッドシーンに挑んだ恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の第5話と、その主役を決める二次審査オーディションの模様をお届け。スタジオには、レギュラーMCを務めるあ~ちゃん(Perfume)に代わり、『ドラ恋』シーズン1の卒業生メンバーである俳優のテジュが出演。

オープニングトークでは、早速ベッドシーンの話題が上がると、渡辺直美が「その役の演技をしながら、濡れ場ってムズくないすか?どうしても自分のクセでません(笑)?」と発言し、一同は大爆笑。福徳秀介(ジャルジャル)も「でもそうやんな!絶対そうやと思う(笑)」と同調し、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「十人十色ですからね、ベッドシーンは(笑)!」と声を上げるなど、『ドラ恋』初のベッドシーンに、冒頭から早くも興奮状態のスタジオメンバー。

番組では早速、前回のオーディションで勝ち残ったほくと&みこと、タクヤ&ひらりーの2組による二次審査オーディションへ。二次審査は実際のホテルにてカメラテスト形式で行われ、「うわー!」
「キャー」「ちょっとこれは…!」「えっろ~」などと、MCメンバーが大騒ぎする中、見事ほくととみことのペアが主演の座を獲得。

惜しくも主役を逃してしまったひらりーは自身2度目となる“梨花”役に抜擢された。その後、ドラマ撮影のリハーサルが始まると、「うわうわうわ!」「キャー!どうしよう!」「そこまでいくの!?」「ヤバイヤバイヤバイ」と、MC陣はこれまでにないほど大興奮! そして、いよいよベッドシーン本番直前、服を脱いでスタンバイするほくととみことの姿に、渡辺は「え、今どういう状況!?」と大混乱。

ドラマ本編では、お互いの気持ちを確かめ合った大樹と恵子がついに一つ結ばれるも、恵子にはある決心が…。渡辺は「切なっ」と思わず呟き、小森も「切ないすね、ここまで盛り上がっておいて」と、許されざる2人の恋の行く末を案じていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
渡辺直美、『ドラ恋』初の“ベッドシーン”決定に歓喜
http://www.entameplex.com/archives/55072

渡辺直美、硬派な元ウルトラマン俳優に「素敵!熱い人」
http://www.entameplex.com/archives/54495

渡辺直美が『ドラ恋』史上1番泣いた理由とは!?
http://www.entameplex.com/archives/52019