Entame Plex-エンタメプレックス-

渡辺直美“濃厚キス”4連発に動揺「激しすぎない!?」


恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の#10が、3月28日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑さ(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦。

この日の放送では、レギュラーMCを務めるあ~ちゃん(Perfume)に代わり、『ドラ恋』シーズン3の卒業メンバーである“れにゃ”こと麻木玲那と、シーズン4の卒業メンバー“もも”ことしとうももが出演し、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』最終話の主役を決める最後のオーディションを見守った。

今回は個人戦での主役争いとなり、オーディションではアットランダムに選ばれたペアで演技を披露することに。各々が稽古に励む中、ほくとがはづきをペア練習に誘い、その後、ほくとと離れたはづきに、今度はたすくが「やるぞ」と声をかける。たすくは自分の場所にはづきを呼び寄せたが、そのすぐ後ろには、たすくに想いを寄せるみことの姿が。

「俺ははづきちゃんとペア組めたら絶対いけるけどな」と発言するたすくに、スタジオからは「これ聞こえてるって!」「(みことは)超ショック、泣いちゃう」と、みことを案じる声が上がる。そして、今シーズン最後となるオーディションは“キスOK”の特別ルールで行われ、トップバッターを飾ったわかな&ほくとが初っ端から濃厚なキスを披露し、MC陣を圧倒。

続く、みこと&チワの予想を超える大胆なキスには、渡辺直美が「結構良いキスよ!? ちょっと激しすぎない!?」と動揺するなど、4組連続の“濃厚キス”に「すごいキスだったな~」とMC陣は大興奮。そして、オーディションを終え、8人全員による話し合いで、最後の主役“大樹”か“恵子”のどちらか一人を決めることに。はづきを推薦する声が全員一致で上がる中、チワが「主役をやらせてください」と仲間に頭を下げて…。

その後、話し合いは1時間にも及ぶも全員一致の結論が出ず、投票で決めることに。はたして、最後の主役を掴むのは、いったい誰なのか。

©AbemaTV

<関連サイト>
渡辺直美、ベッドシーンに疑問「自分のクセでません?」
http://www.entameplex.com/archives/55177

渡辺直美、『ドラ恋』初の“ベッドシーン”決定に歓喜
http://www.entameplex.com/archives/55072

渡辺直美、硬派な元ウルトラマン俳優に「素敵!熱い人」
http://www.entameplex.com/archives/54495