Entame Plex-エンタメプレックス-

千鳥ノブの“ブチギレ”に後輩芸人「マジでひどい!」


AbemaTVのレギュラー番組『チャンスの時間』が、4月8日に放送された。

同番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じてしまうような身近にあふれる様々な疑問を、MCを務めるお笑いコンビ・千鳥のノブと大悟と一緒に“クセの強い対決”で、実際に検証し、真実を明らかにしていく新感覚バラエティ番組。

この日の放送回では、タレントの神部美咲をゲストに迎え、お笑いトリオ・3時のヒロイン、お笑いコンビ・パーパー、錦鯉、ザ・マミィの4組が登場し、ニセ番組のロケ企画でオープニングの長さを競う「第6回 オープニング長回し選手権」に挑戦。

過去には、お笑いコンビ・宮下草薙やぺこぱ、インディアンスなど、今では売れっ子の人気芸人たちが優勝を飾ってきた当企画。第6回目となる今回は、トップバッターに昨年“女芸人No.1”の座に輝いた3時のヒロインが登場し、軽快なトークでテンポの良いスタートを切った3人。

ひたすらボケまくるゆめっちとかなでに、福田麻貴の鋭いツッコミが炸裂し、千鳥の2人も「うまいな~この子」と感心した様子。しかし、なかなか“OK”が出ないことに焦りはじめた3人は、迷いを見せながらもなんとか繋ぎ、13分3秒という記録を残した。

続いて、コンビ仲が悪いことで知られるパーパーは、カメラを回す前からまさかの険悪ムードに。終始、噛み合わない2人の掛け合いにスタジオにまで不安の色が広がる中、オープニング史上初(?)まさかの解散宣言まで飛び出し、最終的には「オープニングやめさせてください」と土下座で懇願。7分8秒という記録でロケ終了となった。

続く3番手には、48歳の長谷川雅紀と41歳の渡辺隆による中年コンビ・錦鯉が登場。コンビとしてロケに参加するのは2回目だという錦鯉だったが、なんと50種類の出発パターンを繰り出し怒涛のオープニングギャグを披露。ついには、あまりにも終わらないオープニングに「ループっていう現象なんですかね」と、タイムリープの錯覚に襲われる長谷川に、スタジオは大爆笑。

ベテランの意地を見せつけ、見事1時間35分18秒という記録を叩き出した錦鯉に、ノブは「すごい根性!」と感嘆し、大悟も「さすが。今の若手に見せてあげたい」と称賛した。

そして、ラストを飾ったのは、「オープニング長回し選手権」2回目の挑戦となったザ・マミィ。
前回の反省を踏まえ、新ギャグを次々と繰り出してはスタジオの笑いを誘ったザ・マミィは、ボケ担当の酒井尚の“お父さんから借りてきた一張羅のスーツ”が破けてしまうという悲劇に見舞われながらも、30分9秒と記録を伸ばした。

結果、1時間35分18秒という新記録を叩き出した錦鯉が優勝を飾り、「第6回 オープニング長回し選手権」は幕を閉じた。

番組ではさらに、今乗りに乗っている千鳥も、今のままでは“大先輩・ダウンタウンのように天下をとることもできない”と考え、ダウンタウンにあって千鳥にないもの=“ノブのブチギレ力”との結論を導き出した本番組が、新たに挑む新企画「千鳥ノブのブチギレシミュレーション」を実施。

これは「シミュレーションでノブのブチギレ力を鍛え、その後、本番となる“ブチギレドッキリ”を仕掛けよう!」という企画。

早速スタジオには、お笑いコンビ・鬼越トマホーク、お笑いトリオ・ネルソンズの2組が登場し、“ブチギレシミュレーション”がスタートするも、ノブは“キレるべき”ところで笑ってしまいなかなか怒れず…。

ノブは「ちょっと、鬼越のあれしてください」と、鬼越トマホークの“喧嘩ネタ”を止めに入るところから始めようと試みると、そこで予想外の出来事が…!

そして、番組の最後には、本番組ではお馴染みのお笑いコンビ・きしたかのが登場し、“ブチギレドッキリ”を仕掛けたが…。まさかの展開に、後輩芸人からは「マジでひどい!」「これはヤバすぎる!」と大クレーム。大悟も「ほんまに恥ずかしなった」と顔を覆う事態に…。ノブの“ブチギレドッキリ”の模様はAbemaビデオにて放送後7日間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
千鳥ノブ、アルピー平子に心酔する流れ星・瀧上の嫁に…
http://www.entameplex.com/archives/51591

千鳥・大悟、元カノ話に「そんなオチ聞いたことない」
http://www.entameplex.com/archives/51476

千鳥・大悟、グラドルの衝撃告白に「言っちゃだめよ」
http://www.entameplex.com/archives/50487