Entame Plex-エンタメプレックス-

安元洋貴が女性声優界ナンバーワンMCと絶賛した人物とは


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は4日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×畠中祐】#7』を放送した。

本放送では、この週の全曜日にゲストとして出演した安元洋貴を迎え、「違いが分かる男!安元洋貴に…各曜日の違いを聞いてみよう~」を実施。各曜日の“夜あそび”を語ってもらった。まず、全曜日に出演して感じたことを聞かれた安元は、「カラーが全然違う!」「コミュニケーションが取れてるところと、スタッフといい意味で戦ってるバチバチなところと」と、それぞれの曜日の空気感を語る。

続く「一番上手だな~と思ったMCは?」という質問では、水曜日MCの小松未可子をあげ、「声優界の女性MCでNo.1だと思うんです」「ボケもツッコミもできるし、散らかりそうなところでも最終的に収めてくれて、この子がいたら逆になんでもできるなと思った」と、小松のMC力を絶賛。さらに「水曜日は(上坂すみれ、徳井青空という)自由人が2人いて、ちゃんとしてる小松って図式だけど、これが成立してるのは、小松に対する2人の信頼なんだな」と水曜日のバランスの良さを絶賛。

また番組内では、畠中が1週間でスポーツスタッキング日本大会5位の記録を目指した「佑の1週間猛特訓プロジェクト!スポーツスタッキングチャレンジ!!」も実施、1週間の特訓の成果を披露しました。元々は1ヶ月での習得を目指していたところ、関さんの「そっち(1週間)の方が集中できるだろ~」という一言で、1週間でチャレンジすることになってしまった畠中さん。この1週間を振り返り、「20秒から1秒の壁がでかくて……」「本当に1ヶ月かけるやつですよ!」と短すぎる期間を嘆く。

しかし、何事にも全力な畠中らしく、自宅の一部屋を常にスポーツスタッキングができる状態にし、カップの塗装がすり減るほど特訓に励んだことで、自己ベスト14.8秒を叩き出したことを語る。そして、ついにスタジオでの畠中の挑戦がスタート。大会ルールにのっとり、3回タイムを計り、ベストタイム15秒台を目指す。「芝居と歌以外でこんなに頑張ったの、受験以来です」と語る畠中ですが、スタジオの緊張感に飲まれてしまい20秒台という結果に。「こんなに(練習と)体感変わるんですね」と、本番の難しさを痛感する畠中に、安元も「ワンミスでこんな5秒いっちゃうんだ」と、一つのミスが仇となるスポーツスタッキングの厳しさに驚きの声をあげた。

続く挑戦も、なかなか練習時のコンディションが出せず、20秒の壁を超えられない畠中。最終的に19秒台を出したが、結果としてチャレンジは失敗に終わる。しかし、畠中の負けず嫌い根性でチャレンジ続行。あきらめずに挑戦し続け、16秒台まで縮めた畠中。熱い挑戦に、スタジオは拍手に包まれ、関は「すごいよ!」「なんか一個ハードルを超えた気がする」と今までの努力を労う。挑戦を終え、「やれなければやれないほどハマる、奥が深いスポーツ」「平気で15秒台出せる男になりたいです」と振り返る畠中。クリアとはならずも、1週間で半分以上タイムを縮めた畠中の努力に視聴者からも、「かっこよかった」「これは努力の証!」「お疲れ様!」と激励のコメントが寄せられた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488