Entame Plex-エンタメプレックス-

声優と夜あそび、土岐隼一と“ツキ”があるのは誰だ対決


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は19日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 月【安元洋貴×前野智昭】#14』を放送した。

本放送にゲストとして登場した土岐隼一は、前野が「僕のマイカーに乗ったことのある貴重な後輩」というほど関わりの深い仲。一方の安元は、深く話したことはないということだが、前野とともに3人で出演している作品も多く、初めて3人が共演した『ユーリ!!! on ICE』の話や、イベントでの裏話など、声優トークで盛り上がった。

そんな土岐は現在、現在ABEMAでも放送中のテレビアニメ『TSUKIPRO THE ANIMATION 2』に出演中。『TSUKIPRO THE ANIMATION』は芸能事務所・ツキノ芸能プロダクション(通称:ツキプロ)を舞台に、所属している4つのユニットを中心とした人間ドラマが、個性溢れる音楽と共に描かれる、日常系音楽アニメで、土岐は作中ユニット“Growth”の衛藤昂輝役で出演。「キャラクターたちがちゃんと成長するんです」「最初は高校生だったんですけど、今では20代で新しいプロフィールになったりとか」とリアルに成長する、作品の魅力を紹介した土岐。

また、同じく“ツキプロ”を舞台としたシリーズ『ツキうた。』に、先輩グループである“Six Gravity”の弥生 春役として出演している前野は、後輩たちの活躍にエールを送りつつ、「いつかライブ一緒にできたらいいね」といつかの共演に期待を膨らませた。

また、番組内では、『TSUKIPRO THE ANIMATION 2』とのコラボ企画「“ツキ”があるのは誰だ」を実施。さまざまなゲームを行い、3人の中で誰が“ツイてる”か検証した。「ツイてないタイプ」と話す土岐は、「不幸があるとオーディションが決まるんです」と不穏なジンクスを明かす。対して安元は先日の宝塚記念を当てていたりとツキが来ている様子。まずは、ワニワニパニックで誰が最初に噛まれるか対決した。早速、土岐からスタートしますが、3番目の安元が1巡目にして当選。「一発で決めたらどうするの?」と発言していた安元による、しっかりとした“フラグ回収”に前野、土岐から拍手がおこったが、早々に終わってしまったゲームに安元は「今のは当てちゃダメなのよ~」とバラエティ的にはツイてないことを悔やむ。

その後も、当たり付きお菓子のチョコバットエースで大当たりの“エース”を当てるゲームや、割れると“運(うん)”がつく香りが降りかかる風船ロシアンルーレットで運を試した3人。風船ロシアンルーレットでは、ヒリヒリとした緊張感のなかゲームを楽しんだが、スタジオには激臭が漏れ出し、「クセェェェ」「やば(笑)」と3人ともパニックに。そんなハプニングもありながらコーナー楽しんだ3人は、「スタジオは匂いと戦ってますじゃねーよ!」と、愚痴をこぼしつつ「運がつきましたね」と笑顔でコーナーを締めくくった。

©AbemaTV,Inc.
©PROANI2

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488