Entame Plex-エンタメプレックス-

関智一&畠中祐、家庭菜園に挑戦!新鮮野菜に「甘い!」


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は23日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×畠中祐】#14』を放送した。

麦わら帽子に、長靴、アームカバーと農家の姿で登場した2人。本放送では、前回(#13)での関の「家庭菜園をしてみたい!」という発言を受け、「金曜恒例!習い事シリーズ 家庭菜園編」を実施。恵泉女学園大学社会園芸学科教授の藤田智先生を講師に迎え、家庭菜園のノウハウを学んだ。「野菜が自分的にもブームで、美味しいものを取り寄せて食べたりしているんですけど、自分でも育てたいなって思って」と家庭菜園に興味を持った経緯を明かした関。これまで自身で挑戦するも、度々失敗をしてきたようで、この日を心待ちにしていた様子。畠中も「こういうの保育園ぶりなのでめちゃくちゃ楽しみです!」と胸をふくらませた。

まずは、育てたい野菜を選ぶことに。「実がなるやつがいいよね」と話す関は枝豆とミニキャロットを選択。先生から「難しいかも」と心配の声が入りますが、ここは先生教えのもと、チャレンジしてみることに。畠中は「鍋に入れたら美味しいと思うので…」とミニ大根を水菜を選択。

そうして野菜を選び終えたところで、プランターの土づくりがスタート。まずは“水はけをよくするため、鉢底石と呼ばれる軽石を底に敷く”というポイントに、関は「こっから勉強になっちゃったな」とご満悦。続けて、土を入れる作業へ。疲れが見え始めた2人だったが、関が「こういうのが愛情につながっていきますよね」とこぼすと、畠中も共感し「土から整えてやったぞってね」と気合を入れ直す。その後も愛情を込めて、種まき、水やりを終え、野菜を守るために先生が必須と語る虫除けも取り付けた2人。手塩にかけた野菜たちの成長を心待ちに。

そして、作業を終えた2人へ、先生の畑で採れた野菜のプレゼントが。さまざまな種類の採れたて野菜に目を輝かせる2人は、トマト、きゅうりから、生でも食べれるというしょうがやナス、ピーマンを手に取り早速実食へ。新鮮な野菜に2人は「甘い!」「おいしい~」「フルーツみたい!」と舌鼓を打つ。また、美味しい野菜の見分け方も教わった2人。「まっすぐなきゅうりでトゲが痛い!ってなるのが一番いいです」「ナスは皮にツヤがあるものを」という生活ですぐに使える豆知識に「なるほど~」「へぇ~!」と熱心に耳を傾けていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488