Entame Plex-エンタメプレックス-

上坂すみれのホラーな演技にスタジオに悲鳴が…!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は8日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【小松未可子×上坂すみれ×愛美】#20』を放送した。

本放送では、ゲストの千本木彩花が名前にかけて千本ノックをしながら“過激”に登場。早速“夜あそびの洗礼”を受ける千本木をMCの3人は「何あれww」「過激だったね」と笑いながら拍手で迎え入れます。そんな千本木は、小松、上坂とともに、現在放送中のテレビアニメ『かげきしょうじょ!!』に出演中。『かげきしょうじょ!!』は、女性のみで構成される伝統的な歌劇団「紅華歌劇団」の人材育成を目的とした「紅華歌劇音楽学校」を舞台に、未来のスターを目指し、輝く舞台へ情熱をそそぐ歌劇少女たちの青春を描いたストーリー。「それぞれ切磋琢磨していく話しが十人十色で、“私もこの経験ある!”とか、乗り越えるために頑張ったものが詰まってるストーリーなので、そこが推しですね」と物語の魅力を紹介した千本木。

小松も「私たちも役者の一部で、そういうところも担っているからこそわかる心情もすごくあったり、目指すものとか、自分にしかできないこととか、いろんな葛藤が出てきて、そういう部分ではどの人にも刺さるんじゃないかな」と作品に触れて感じた思いを明かした。

番組内では「“答え”はダミヘで!声優算」を実施。“誰が”“どんな風に”話すのかというお題が出され、ダミーヘッドマイクに囁きながら即興劇をするというもので、水曜日では恒例のこのコーナー。“美容師×口が軽い”というお題では愛美がチャラい美容師を演じたり、“寿司職人×過激”というお題では、頭にハチマキを巻いて寿司職人に扮した千本木が「うちのマグロ切らないんス。寿司の上にマグロ乗ってます」「包丁持たないスタイルで」と即興でボケたりと、見事に“声優算”の答えを導き出していく。また“子役×霊感が強い”というお題では、上坂が坊主のカツラを被り、さらに鼻水シールをつけ、昭和な子役に変身。途中霊が憑依したようなホラーな演技を見せると、スタジオから「ひゃぁぁぁぁ」と悲鳴があがる。

そしてコーナーのトリを飾ったのは、これまで数々の無茶振りをされ、このコーナーに苦手意識のある小松。そんな小松へ、過去の放送で小松が囁き、反響のあった“ドラゲナイ”をいじった“メダリスト×ドラゲナイ”というお題が。メダルと、人気曲を連想させる大型マイクの小道具が渡されると、小松は「どうやって使うんだよ」「1ミリもわかんねーよ」とツッコミを入れるも、結局メダリストを演じきり、最後には「心を込めて歌います。ドラゲナイ」と、期待に答えた小松。難しいお題をやり遂げた小松に、上坂、愛美、千本木は「イェェェェェイ!」「みかこしさん最高~!」と拍手を送った。一方で小松は「うわぁぁぁぁ」と叫び出し、スタジオを飛び出す展開に。戻ってきてもなお「葬ってくれ~!」と真っ赤な顔で嘆いていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488