Entame Plex-エンタメプレックス-

安元洋貴&前野智昭、憧れの“低音ボイス声優”は?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は7日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 月【安元洋貴×前野智昭】#38』を放送した。

本放送では、月曜日の恒例コーナー「夜あそびアタック9」を実施。さまざまなクイズに挑戦し、パネルの裏に隠された漢字を当てるこのコーナー。クイズに正解してパネルを開くと、各パネルに漢字一文字が書かれており、それぞれの漢字と組み合わせて熟語になる共通の漢字を当てるというもの。視聴者に4択のアンケートを実施し、一番多い答えを当てるアンケートアタックからは「味噌汁に欠かせない具は?」「学生時代嫌いだった教科といえば?」などの問題が出題。

「学生時代嫌いだった教科といえば?」では、安元が苦手だった教科を話しながら、数学と英語に回答を絞っていくなか、前野が「英語は先生が訛っていたんで、もう論外でした」「別の英語教わりましたよ!」と英語の先生のエピソードを披露。前野が語る訛った英語の先生に、安元はツボにハマったようで「茨城イングリッシュ(笑)」とお腹を抱えて大爆笑。結果「今の面白い話聞いたら数学だと思う」と数学に絞り、見事正解した。

また、安元と前野の答えを一致させるクイズから「低音ボイス声優といえば?」という問題が出題された際には、2人が憧れの低音ボイス声優について語る場面も。前野にヒントを出すため、「小さい頃から憧れていたんですよ。好きなゲームの主役をやっていらして、会いたいなって思っていた声優さんです」「僕はやっと『BLEACH』で会うことができました。その方と戦うことができて、負けることができて嬉しかったです」と憧れの先輩との初共演について語る安元。前野もすぐに大塚明夫だと気づいた。

続いて、前野はある人を思い浮かべながら「低音で、スタイリッシュで、多才で、かっこよくて、ちょっとお茶目で、でもお酒を飲めない一面があったりとか」と熱弁。安元は「もうわかったよ」「生まれ変わったらあの顔になりたいでしょ?」と頷き、津田健次郎と答え見事正解。その後も2人の憧れの先輩トークは終わらず、「かっこいいな~津田さん!なんで俺津田さんじゃないんだろう。あぁなりたいもん!」「(大塚明夫さんの)“待たせたな”って言いたいな」と羨望の眼差しでかっこよさを語っていた。

ほかにも番組内では、ウラ技クイズに挑戦する新コーナー「コレって初耳!?安元×前野の生活ウラ技」も実施。夜あそびMC陣の中でも生活知識豊富な2人にも“初耳”なウラ技を学んでもらうという趣旨のコーナーだが、「納豆のシートがきれいにとれないときのウラ技」では、「20年前から知ってるわ!」「これは有名でしょ?」とあっけなく正解。しかし、「食器にこびりついたシールが剥がせないときのウラ技:シールに水を染み込ませてレンジで温める」は初耳だったようで、2人は「そうなんだ!?」「へぇ~」と驚きの声をあげた。

そうして新たなウラ技ゲットかに思えたが、早速実践すると、2回連続でシールが少し残ってしまい、安元は「僕はシール剥がし使います(笑)」と本末転倒な回答で、スタッフ撃沈。まだまだウラ技があるとリベンジを誓うスタッフに、2人は「楽しみにしています」「一回ペンディングということでね」と話し、次回の開催に期待を寄せていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488