Entame Plex-エンタメプレックス-

彼女の誕生日デートでお金が足りない…ダサい状況を打破


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は12日、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・ニューヨークがMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』の#24を放送した。

この日の放送では、今年2月放送の#17で実施した、ニューヨークとお笑いコンビ・しずるが番組MCの座をかけて対決した「大人の格付けチェック」にて、見事勝利したしずるの2人が宣言通りに番組をジャック。番組MCをしずる務め、ニューヨークと番組進行役のABEMAアナウンサー・西澤由夏アナがスタジオゲストとして参加した特別編『しずる恋愛市場』をお届け。

本放送では、「不意に訪れる“ダサい状況”に陥ったときに、(男性の)真の姿が見える」と語る西澤アナによる持ち込み企画「ダッセェ状況をカッコよく決めまSHOW」を実施。

非常に情けない、恋愛における“ダサい状況”をいかにカッコよく挽回できるかを競う本企画では、しずるのKAZMAと村上純、ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政の4人がそれぞれお題の“ダサい状況”をどう切り抜けられるかにチャレンジ。その対応を、西澤アナが“ダッセェ~”か“カッコいい”の2枚の札で判定していった。

まず“彼女の誕生日にデート中、食事のお会計でお金が足りなかった!”というお題でトップバッターを飾った村上は「お願い2つだけ聞いてもらっていい?」と切り出すと、「実はお金下ろすの忘れちゃって。ごめん、今日だけおごって」「これが1つ目のお願い」とし、続けて2つ目にお願いとして、「すいません店員さん、来年の今日予約できますか?2人で」と、“来年も一緒に過ごす”という約束を取り付けた。そんな村上の対応に、西澤アナは“カッコいい”と判定し、「1つ目のお願いだったらもちろん“ダッセェ~”なんですけど、(2つ目のお願いで)『来年も一緒にいよう』と。私は安心感を求めているので“カッコいい”の判定でした」と説明した。

そこで、「ニュアンスがちょっと似てたので、(次)俺、行っていいですか」と手を上げた屋敷が続いて挑戦することに。会計時、お金がないことに気づいた屋敷は「ちょっとここ借りてもいい?」とお金を貸してほしいと伝えると、「めっちゃ恥ずかしいわ、この先何十年も今日をイジってきそうな感じするわ」と彼女役の女性を前に照れ笑いを浮かべ、さらに「もう死ぬまで毎年誕生日おごり続けるから、今日は許して」とまとめた。

屋敷の挑戦を見届けた西澤アナは「びっくり…」と“カッコいい”の札を挙げ、「いい!これはいい!」と大興奮だったKAZMAも「会話の中にいろんな罠が(あった)。『この先』とか『死ぬまで』とか」とコメント。西澤アナも「KAZMAさんのおっしゃる通りだったんですけど、プラスで『この後もずっとイジられ続けるんやろな』ってところが、私の中でキュンポイントでした」と絶賛した。西澤アナの言葉に、「もう手に取るように西澤アナやったら喜ばせられるんですよ」と得意げな表情を浮かべた屋敷。

続いてKAZMA、嶋佐の挑戦では、「先に行ってて」と彼女を退席させた後、KAZMAがとったとある行動に、芸人たちは爆笑する一方、西澤アナは「情けないですよ」とドン引き!さらに、嶋佐は「盗られるとかある?」「事件かもな」などと“お金を盗まれた”と主張し、一同は「最悪」と爆笑。西澤アナは嶋佐の対応に「全面的に人のせいにしてる、そこが許せない」とし、KAZMA、嶋佐ともに“ダッセェ~”と判定した。

その後、“待ち合わせに遅れた上に、犬のフンを踏んでしまった!”という2つ目のお題での挑戦へと続いたが…。KAZMA、嶋佐に加え、村上までもが“ダッセェ~”判定を受けるなど芸人たちは大苦戦。しかしそんな中でも、屋敷はまたもや西澤アナに刺さりまくりの対応を見せて(?)西澤アナのあまりの絶賛ぶりに、KAZMAは「お前の結婚相手って西澤さん?」と動揺し、スタジオの笑いを誘っていた。

気になる本放送の模様は、放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
ニューヨーク嶋佐、相方のファーストキス話に「キツイ」
http://www.entameplex.com/archives/68354

ニューヨーク嶋佐が相方の彼女に遭遇したときの衝撃とは
http://www.entameplex.com/archives/67972

ニューヨーク、休井美郷の飲み会でのあざとい発言に悶絶
http://www.entameplex.com/archives/67828